2018年7月17日

ホワイトホース市交換青少年団体の受け入れ

7月16日火曜日、カナダ・ホワイトホース市から青少年達が観察の森にきてくれました。



牛久市と姉妹都市になっているカナダ・ホワイトホース市。
牛久市では隔年で交換青少年団員の受け入れを行っています。
今年は、中学生高校生10名、成人団長2名、ホワイトホース市職員1名の 計13名が日本に約1週間ほど滞在し、日本の伝統、文化を学びながら日本の青少年達と交流をはかるそうです。

カナダのホワイトホースの場所は北極圏。
植生の分布では森林限界といって厳冬期は特に厳しい気象条件のため
これ以上北に行くと森林が成長できないという場所。来日シーズンが蒸し暑い夏のため、暑さにまいってしまわないか心配しながらの出迎えとなりましたが、みんな元気にきてくれました。

学生達に聞いたところ、ホワイトホースはムースやエルクなど、大型哺乳類が生息するような
自然豊かな場所。観察の森の自然も極々違和感なく親しみを感じている様子でした。

セミの声やアゲハチョウ、ショウリョウバッタといった昆虫にも興味深々。
ヒノキ林や雑木林を一緒に歩きましたが、森の景観が特に新鮮だったようで、何人もが口を揃えて「美しい」と言っていたのが印象的でした。

ネイチャーセンターでは、アクアリウムコーナーで水辺の生き物を観察をしたり、木育体験をしたりと元気いっぱい、笑顔いっぱい。一緒に訪れていた日本のホストファミリーと交流する場面も自然と生まれているようでした。

最後はフクロウ像の前で記念撮影。旅の疲れも感じさせず、日本の自然を満喫しているようでした。

|

2010年7月23日

7/22 朝の昆虫観察会:蓮尾レンジャー

今回は、ヒグラシの林→コムラサキの丘→十字路→コブナの流れという順番で、雑木林、水辺の生き物を観察することができました。

続きを読む "7/22 朝の昆虫観察会:蓮尾レンジャー"

|

2008年5月18日

四季のガイドツアー報告「初夏の虫たち」:渡辺レンジャー

五月晴れの午後、「初夏の虫たち」をさがしました。
どんな虫に会えるかな?
とその前に、ネイチャーセンター前の「ミツバアケビ」に参加者の皆さんは興味津々です。
080518gt_2

続きを読む "四季のガイドツアー報告「初夏の虫たち」:渡辺レンジャー"

|

2008年3月19日

ガマ合戦始まる!

いよいよ今年のガマ合戦が始まりました。
観察の森にあるすべての池や沼に、アズマヒキガエルが集結し
産卵の準備をしています。

Gama080319アズマヒキガエルは、この時期産卵のために冬眠から目覚め、再び5月ごろまで眠りにつきます。
ご来園の際は、そっと見守ってくださいね。

|

2008年1月17日

森の初雪:渡邊レンジャー

17日早朝、森に初雪がふりました。
0801171

あたり一面、うっすらと雪化粧です。
0801173
観察舎前の畑で、あるものを発見しました。
0801174

続きを読む "森の初雪:渡邊レンジャー"

|

2007年7月22日

森に妖精がいっぱい?渡辺コーディネーター

じめじめしたこの季節、ネイチャーセンター手前で見つけた物。
それは・・・
Sasakurehitoyotake070722
春には、スミレの群生があった場所に
白いちいさな生きものが、群れをなしています。
森の妖精?と思いきや・・・

続きを読む "森に妖精がいっぱい?渡辺コーディネーター"

|

2006年11月29日

コミュニティーネットギャラリー:若レンジャー

みなさん、牛久市のホームページにある「うしくコミュニティーネットギャラリー」のページをご存知ですか?
実は、このページ、生涯学習センターと観察の森にあるライブカメラの映像を見れるページなんですねぇ〜。
061129gallery01
と言うことで、観察の森にもネイチャーセンター周辺に4台のライブカメラが設置されています。

続きを読む "コミュニティーネットギャラリー:若レンジャー"

|

2006年7月16日

ステージ:若レンジャー

レンジャーは毎日ぐるぐる園内を巡回しています。ぐるぐる。
その中でも、若レンジャーのおすすめスポットを紹介!
それは園路に張り巡らされている園路の杭の上です。
巡回しているとかならず何かの生き物が乗っています。
060711kaeru
060716kanahebi
カナヘビくんは天気のいい日に甲羅干ししているのをよく見かけますね。
アマガエルくんも今の時期はおたまじゃくしからカエルになって水辺を離れ、森へ旅の途中のカエルくんをよく見かけます。
その他にもトンボが留まっていたりと観察するのに丁度いいスポットです。
みなさんもちょっと注目してみてくださいね。

|

2006年7月 8日

ベビーラッシュ!:若レンジャー

みなさんこんにちは!
魚釣りになかなか行けない若レンジャーです。
今、観察の森はまさにベビーラッシュ!いろいろな生き物の赤ちゃんがいっぱいいます。


060708katatumuri_1

まずはこんな赤ちゃんからご紹介。
カタツムリのあかちゃん!
まだ背中にしょってるお家も小さくてとってもキュート。
小さくても角はちゃんとついてます!


お次は丸いポッチがかわいいこの子。
さあて誰の赤ちゃんでしょう??


060708haguro_1

この子はハグロハバチの幼虫ですね。
いたずらするとくるっと丸まってかわいい虫さんです。
背中が緑色でおなかに近づくにつれて黄色っぽい色できれいな色です。
バッタの原のスイバの葉っぱにいっぱいいるので、探してみてね。


060708ego_1

これは、エゴノキの実の赤ちゃん
まだちょっと白っぽいですね。
この実にはサポニンっていう成分が入っていて泡立ち、殺菌作用があるので、洗剤の変わりにもなります。


この他にもカマキリの赤ちゃんやバッタの赤ちゃん、カワセミの幼鳥などたくさんのベビーたちが森にあふれてます。
エアコンが効いている部屋もいいですが、たまには森にも来てください。
森の中が思ったより涼しいことにびっくりすると思います。

|