2012年2月24日

動き出す生き物たち

R0017473


温かい日差しのもと、アリさんが動き出していました。

何か良く見ると「アキノエノコログサ」の種を運んでいます♪

|

2011年10月 2日

ハッチのハチ情報

森のしんぶん 秋号 クイズ ハチの巣はどれかな?の答えは下をご覧ください。

Photo_3


上の絵からスズメバチにスポットを当て、解説しています。どうぞご覧ください。

スズメバチ一家は大忙し!

今からの時期スズメバチは盛んに飛び回っています。ではなぜ盛んに飛び回っているのでしょう?
それは自分の巣で女王様候補のハチ達が産まれているので、お姉さん達は女王様候補の妹達のご飯探しの真最中。そして無事に育ってもらうために神経質で攻撃的になっています。スズメバチ一家はとても大切な時期なのです。

ヒトで例えると自分の大切な妹達を1人前に育てている真最中で、すごい気を使っており神経がとてもすり減っています。そのため子育てで気がめいっているお姉さん達は、少しの事でもヒステリックになっています。

そんな状態で巨大な不審者(ヒト)が巣に近づいて来たら、もう大変です。スズメバチのお姉さん達はヒトの近くを飛び回ったり、アゴで音を鳴らし(ヒトだと鍋等をたたいて音を出す)警告していています。それでも帰らない場合は針で刺します。ヒトからするとその音が小さいため無意識に巣に近づいてしまい「急に刺された!」になります。

こういった事故を防ぐためには、できるだけ見晴らしのいい場所を歩きます。スズメバチの巣は種類によって変わりますが、藪のなかや木のうろの中、地面の中等様々です。そういった見通しの悪い場所は近づかないようにしましょう。

秋になりヒトにも涼しくすごしやすく、外を歩きやすい時期になりましたが、スズメバチたちにとっては大変な時期です。
スズメバチたちと仲良くしましょう!とまではいかないですが、気を使うと未然に事故を防ぐ事ができます。

|

2011年2月27日

巣箱の中のオオスズメバチ

1月31日に実施した「鳥の巣箱作り」。

1年前に取り付けた巣箱を外し、中を見たところ
「オオスズメバチの女王蜂」が入っていた ・・・との記事を掲載しました。

その記事をご覧になった方から、お便りをいただきました^^


続きを読む "巣箱の中のオオスズメバチ"

|

2010年10月27日

牛久自然観察の森 旬の百景 「冬支度」

寒くなってきたので、生き物達が冬支度をし始めています。
今日紹介するのは、アゲハチョウの幼虫がもう少しで蛹になるところの写真です。アゲハチョウの幼虫は、蛹でなければ冬を越すことができません。
蛹になり、春の暖かくなるころに羽化し成虫になります。それまでアゲハチョウの蛹はじっと、暖かくなるときを待っています。

Photo_3

                                                      報告;蓮尾レンジャー

|

2010年6月25日

牛久自然観察の森 旬の百景

今の時期、園内のネイチャーセンターの前の池で、イトトンボの羽化を見ることができます。

Photo

見ることができる時間は、朝の10時くらいまでです。神秘的なトンボの羽化をぜひ見に来てください!!

報告;蓮尾レンジャー

|

2010年5月24日

5/23 初夏の昆虫探し:蓮尾レンジャー

 今日は雨だったため飛んでいる昆虫は見る事が出来ませんでしたが、雨に関係なくオトシブミの揺籃、カブトムシの幼虫を観察できました。また雨の時にしか見ることのできない、雨宿りしている昆虫を観察することができました。

続きを読む "5/23 初夏の昆虫探し:蓮尾レンジャー"

|

2010年5月11日

今週の一枚  ~ヨコヅナサシガメ~

Rimg0311

真っ赤な色彩が目を引くヨコヅナサシガメ (カメムシの仲間) と その抜け殻


続きを読む "今週の一枚  ~ヨコヅナサシガメ~"

|

2010年5月 1日

4/29 バッタの原で昆虫観察 報告:蓮尾レンジャー

 普段は園内で昆虫採集は禁止なのですが、昆虫を身近に観察するためにレンジャーと一緒に昆虫採集ができます(もちろん最後に逃がしましたよ)。
 採集時に使う道具、注意事項などを説明した後にバッタの原という原っぱで地面の昆虫、葉っぱにいる昆虫、木にいる昆虫、チョウなどを観察することができました。

続きを読む "4/29 バッタの原で昆虫観察 報告:蓮尾レンジャー"

|

2008年2月21日

畑に堆肥をいれました!:丸山レンジャー

今日は風が強く吹いていますが、日差しは春らしくなってきました。
さて、そろそろ畑の準備を始めましょうか。
ということで、観察舎前の畑に、堆肥を入れる作業をしました。

続きを読む "畑に堆肥をいれました!:丸山レンジャー"

|

2007年12月 7日

小学生と高校生の森の出会い:金久レンジャー

この日は、森では少し珍しい出来事がありました。
それは、小学生と高校生の出会いです。
小学生は、冬の生きもの探しに校外学習でやってきました。
高校生は、「茨城農業クラブ」の皆さんで、里山の手入れの体験授業です。
出会った場所は、「オトシブミの林」
高校生が、「落葉かき」の枠を運び、
0712071
そこへかき集めた落葉を入れていきます。
0712073
ちょうどそこへやってきた小学生は、去年の落葉の中に「カブトムシ」の幼虫を見つけました。
せっかくなので、「落葉かき」のお手伝いをしました。
0712072
クラス全員が枠の中に入って、落葉を踏みました。
これで、来年この落葉の中に「カブトムシ」が卵をたくさん産んでくれるはずです。
来年が楽しみですね。

|