« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月11日

幼児昆虫教室を開催しました。

3歳~6歳の未就学児対象 夏の幼児昆虫教室に

虫むし大好きなお友達がたくさん集まってくれました。

目慣らしの昆虫シルエットクイズでは、写真を出した

とたんに正解の虫を当てられてしまいました😵

Dsc_3777

開催時は、太陽が雲に隠れて丁度良い天気。

バッタの原に足を踏み入れると、葉っぱが揺れて

虫とり網で捕まえていました。

Dsc_3785

「クイズとおんなじテントウムシを見つけたよ」。

「カマキリもいたよ」。の声でどんな虫が見つかったのかな。

日陰に集合して皆で虫かごの中を見てみると

成虫のオオカマキリや体の大きいショウリョウバッタ、

トノサマバッタの幼虫(あと1回脱皮をすると成虫になりそう)

キリギリスを捕まえたお友達が多かったです。

コオロギ、コカマキリ、シジミチョウ、モンシロチョウ。

小さなお友達もオンブバッタやアマガエルを捕まえられて

嬉しそうでした。

樹液に集まる昆虫を観察にコジュケイの林に移動しましたが、、

スズメバチのお食事タイムで残念!そっと野原へ戻りました。

最後に虫かごの虫を野原に「元気でね」「バイバイ~」と

逃がして夏の幼児昆虫教室を終了しました。

 

次回、9月23日(祝、月)に、秋の幼児昆虫教室を開催します。

成虫になったトノサマバッタとあえるかな。

ご参加をお待ちしています。

|

8/10(土)星空観察会

本日は夏の星空観察会でした。

協力としてこども星見隊の方たちを講師としてお招きし、望遠鏡などの準備をして頂き、注意事項などをご説明していただきました。

Photo_20190811104302

その後はバッタの原で、望遠鏡で木星や土星、夏の大三角をゆっくり堪能する事が出来ました。

普段は肉眼でしっかりと見る事の出来ない星ですが、天体望遠鏡を使用すると色や形などをしっかりと見る事が出来、参加した方たちは感動されたようでした。

Photo_20190811104301

次回は冬に開催予定で、詳細な日程が決まり次第HPなどに掲載いたしますのでお楽しみに♪

|

2019年8月10日

8/10(土)家族昆虫教室

本日は家族昆虫教室です、暑さが心配でしたが始まると同時に雲が広がり思った以上に温度は上がりませんでした。

挨拶をしたネイチャーセンターでは窓にナナフシモドキがいたので、最初に食草などの生態をご紹介しました。

 

挨拶後に園路を歩いていると青いドングリが落ちています。これは自然に落ちたのではなく、ハイイロチョッキリという昆虫が、ドングリに卵をうみつけ枝ごと切り落としたものです。よくみるとドングリ帽子(殻斗)に産卵痕で黒くなっているところがあります。

Photo_20190810203302

その後はバッタの原に移動です。暑さのせいか活発に飛び回っていませんが、草原などを丹念に探すとショウリョウバッタの成虫やツチイナゴの幼虫、

Photo_20190810203303

ジャノメチョウなどが見つかりました。時間が経つとシオカラトンボも跳び始めましたよ。

Photo_20190810203101

最後はコジュケイの林の樹液ポイント巡りです。3か所回ったのですが、サトキマダラヒカゲやカナブン、コガタスズメバチが樹液に集まっていました。日によってはカブトムシなど違う昆虫も見つかりますよ。

 

最後に捕まえた昆虫を元の場所に逃がし終了となりました😃

 

今からは夏の昆虫と秋の昆虫が入れ替わる時期になりますので、両方の昆虫がみられますので涼しい時にぜひ探しに来て下さいね♪

|

2019年8月 4日

夜の昆虫観察会を実施しました。

8月3日土曜日、夜の昆虫観察会をおこないました。

開催当日は気温、湿度ともに高く昆虫にとってはこの上ないコンディション。天気も晴れてくれて絶好の観察会日和になりました。

 ロープ沿いでは、ナナフシやアオバハゴロモなど普段は枝や葉の下に隠れていてなかなか見ることのできない昆虫たちの姿が。夜の生きものを驚かさないようにと懐中電灯に赤いセロファンを貼り付けて昆虫たちを探します。

 地上付近では、事前に仕掛けておいたベイトトラップを観察。オオヒラタシデムシ、ハサミムシ、ゴミムシダマシなど落ち葉の下で活動する生きもの達が観察できました。

 人工の樹液、コナラの樹液ポイントでは、子供達待望の甲虫の王様の登場。飛行している姿や、樹液をめぐる競い合いをしているとこなどを間近にみることができました。

 その他、セミが羽化しているところやウマオイの鳴き声など、夜ならではの生態も観察、いつもとは違う森の雰囲気を味わうことができたようでした。

|

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »