« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月23日

12/23(日)冬の昆虫観察会

本日は冬の昆虫観察会を実施いたしました。
冬にいる昆虫は鳥などの天敵に見つからないように、とても上手に隠れています。

今日は冬の隠れ上手な昆虫を参加者の方達と観察しにいきました。

バッタの原の園路横のヤブの中では、よく探すとカマキリの卵が見つかります
タイミングが良ければツチイナゴやクビキリギスなどの成虫で冬越しするバッタの仲間も見つかることがありますよ。



バッタの原にあるエノキという木の根元を探すと



葉裏で冬越しするゴマダラチョウやオオムラサキの幼虫が見つかりました。
背中のトゲが6本あるのがゴマダラチョウ、8本あるのがオオムラサキです。



場所を変えて、コジュケイの林に移動します。コジュケイの林にある、ある場所の枝の先をよく探してみると、イトトンボの 仲間が越冬していました。
日本では3種類だけ成虫で越冬するのですが、その中の1つホソミオツネントンボが牛久自然観察の森で
見つかります。



枝の先にそっくりなので、見つけるのはとても難しいのですが、子ども達の目にかかれば
どんどん見つけていってしまいます

あっという間の1時間となりました。皆様が住んでいる公園などでも昆虫は見つかると思いますので
ぜひ探してみてはいかがでしょう?

| | コメント (0)

2018年12月16日

12/16(日)定例バードウォッチング

毎月第3日曜日はバードウォッチングの日です。
今日は朝からとても冷え込んで、バッタの原では霜柱がたっていました

そんな中約20名の方に参加していただきました。挨拶後に双眼鏡を触った事がないお子様やもう一度しっかりと教えてほしいという方に分かれていただき、牛久とりの会のボランティアの方から丁寧に双眼鏡の使用方法や注意事項について教えていただきます。
Photo_2

その後、先発組とバッタの原で合流すると、イチョウの木のてっぺんでホオジロがとまっているところを他の牛久とりの会のボランティアの方が望遠鏡にいれていました。
エノキの木の一番高い枝近くにシメが止まり、双眼鏡の練習をふまえみんなでじっくりと観察。

林の中に進むとアオジやジョウビタキの声が聞こえてきます。外の田んぼではカワラヒワがたくさん群れて飛んでいましたよ

今日は合計25種を見ることができました♪

今日見られた野鳥
キジバト、カワウ、アオサギ、カワセミ、アカゲラ♪、モズ、カケス♪、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス♪、メジロ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、アオジ、バン、ドバト

|

2018年12月 5日

のびのび広場へ木育出張



今日は牛久市の「のびのび広場」で
木育ひろばを開催しました。


積み木を始め木のおもちゃを20種類ほど
持っていき、訪れていた親子に遊んでもらいました。


積み木を積んでいると自然に子どもたちも
上に積んでくれて、どんどん高くなり
ステキなものが出来上がりました。


1時間ほどの間でしたが、ギリギリまで
楽しんでもらえました。

次回はにこにこ広場への出張になります。

また遊びに来て下さいね。

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »