« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月18日

11/18(日)定例バードウォッチング

本日は定例バードウォッチングでした。

11月に入りましたので、冬鳥がたちがそろい始める時期です。
今回のバードウォッチングでは、観察の森の園内ではシジュウカラやメジロ、コゲラの混群に出会い、参加者たちの頭上を通り抜けていきましたよ。

十字路付近では、モズが目立つ枝の先にとまり、尻尾をふりながら良く鳴いていたので参加者の皆様もすぐにわかったようです。

カッパ沼では久しぶりにカワセミを確認できました(^^)

ビートルズトレイルではすごい遠くを飛ぶ猛禽類(オオタカかハイタカ?)をみつけましたが、双眼鏡でのぞいても豆粒のようでしたので記録にはなりませんでしたsweat01

本日は16種類の野鳥を確認できましたよhappy0112月は本格的にルリビタキなどの冬鳥たちも期待できる季節になりますので、ぜひご参加ください。

11

本日見られた野鳥16種
キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス♪、エナガ♪、メジロ、シロハラ♪、タヒバリ♪、カワラヒワ、シメ、アオジ

♪は鳴き声のみの確認

|

コクワガタ飼育教室を開催

11月17日(土)、コクワガタ飼育教室を開催しました!

 このイベントは、コクワタガを1年かけて幼虫から育ててみる内容で、幼稚園生から小学校生まで17名が集まりました。
 始め、自然解説員からコクワガタの生態や飼育時のポイントをスライドで紹介し、次に2ヶ月前に卵が産み付けられた産卵木(朽木)を一人一人割って、みんなで幼虫を探しました。木に柔らかさが異なり、堅い木を割っていくのに悪戦苦闘しながら、小さな幼虫が見つかった際は喜びの声が上がりました。

幼虫は、ヒラタケ菌が詰まった菌糸ボトルという特殊なおが屑の中で育てるのですが、みんな幼虫を潰さないように木のスプーンで「そーっと、そーっと」ボトルの中に移してあげていました。

ボトルに移し終わった後は、家での飼育ポイントをおさらい。3月には、冬を無事に越せたかどうかの幼虫観察会&菌糸ボトルの交換会を予定しています。大きくなった幼虫と子供達との再開に期待です。

Dsc_4354


|

2018年11月11日

トラック作り教室 開催報告

気持ちの良い天気の今日、
トラック作り教室 を開催、
子どものために木のトラックを作りました。




クランプ無しで強く接着できるボンドを使用し、
荷台をぴったりくっつける作業が最初でした。
トラックの顔となるヘッドライトもつけていきます。



つけている間に、ナンバープレートを
ウッドバーニングペンで描いていきます。


みなさん家族会議を開き、
名前、誕生日、生まれた時の体重、好きなキャラクターなどなど
それぞれパパ、ママ分担して描いていました。

そのあと、タイヤ、全体の接着です。




完成品はこちら!





久々に木に触れた、作りがいがあった、
子どもにいいおもちゃを贈りたかったなど
様々に感想を述べていただきました。

講師の松本先生にも準備から
時間をかけていただきました。
ありがとうございました。

長く一緒に遊んでいい思い出を作ってくださいね。

| | コメント (0)

2018年11月 3日

秋の幼児昆虫教室を開催しました。

秋晴れのバッタの原で3歳から6歳のお友達と
幼児昆虫教室を開催しました。

Dsc_2542

肌寒くくなってきた今日この頃。私たちは厚着をしたり
エアコンをつけたりして、暖かく過ごせるけれど
野原にいる虫たちは、どうしているのかな。。に
いっぱい考えてくれました。

冬を越える虫や、卵を産んで子孫を残す虫話をした後
虫取り網を持って野原に出発!
みんなの良い👀で、お腹が卵でパンパンの
オオカマキリや、まだ頑張っているトノサマバッタ
オンブバッタ、コカマキリ、シジミチョウ、
お父さんが見つけてくれたアカガエル、アカトンボを
見つけることが出来ました。

最後に逃がしたいのリクエストで雑木林に移動して
夏に樹液を吸っていたカブトムシの行方を捜しました。

クヌギやコナラなどの落ち葉が腐ったもの「腐葉土」の中に
メスのカブトムシは卵を産んで死んでしまうけれど
卵から孵った幼虫は腐葉土を食べて今、この落ち葉の下に
います。に目が輝きました。
プリプリの幼虫に大人も子どもたちもじっくり観察していました。

最後に野原に戻って、元気でね!とバイバイして
幼児昆虫教室を終了しました。


|

2018年11月 2日

テラリウム水槽にキノコ



ネイチャーセンター内にあるアクアテラリウム水槽に可愛らしいキノコが生えてきました。
秋口に気温がぐっと下がったタイミングは、菌糸にスイッチが入りキノコが発生しやすくなるそう、ネイチャーセンターにも小さい秋が訪れたようです。#キノコテラリウム

| | コメント (0)

2018年11月 1日

「のぞみ園」さんのガイド報告:丸山

お天気に恵まれ
牛久市こども発達支援センター「のぞみ園」の
みなさんに秋の森のガイドをしました。


コジュケイの林ではドングリやくっつく種、ガマズミやハダカホオズキ
の赤い実を楽しみました。

バッタの原ではみんな走り回ってバッタ、チョウ、トンボを
追いかけました。

オンブバッタ、ショリョウバッタを見つけて
触ったり、トンボを指に止まらせている
ママもいて、生き物とみんなで触れ合いました。


最後におやつの時間終了後、絵本の読み聞かせも
しました。声を出してみんなで参加してもらえたので
楽しんでいただけたようです。


親子でゆったりと秋の森を楽しんでいただけました。

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »