« 牛久奥野さくらふれあい保育園出前講座報告 | トップページ | 「のぞみ園」さんのガイド報告:丸山 »

2018年10月31日

団体対応

本日小学1年生〜小学4年生と先生の合計11人の方達の団体対応を行いました。

秋は生き物達が減ってきますが、よくよく探すと痕跡は見つかります。例えば園路では穴があいていたらネズミの可能性があり、盛り上がった跡はモグラです。

コジュケイの林では、サンショウの葉の匂いを嗅ぎ、ドングリやクリを見つけました。子どもたちはやはりドングリが好きなようでクリやドングリを見つけては拾い、他のお友達と比べては盛り上がっていましたよ(^ ^)

バッタの原では、9月の全盛期とは少なくなったものの、オンブバッタやコカマキリが見つかりました。バッタの成虫で多く見つかったのはツチイナゴです。



彼らは他のバッタと違い、成虫で冬越しするため良く見つかります。

ネイチャーセンター前ではフクロウの生態のお話をしました。フクロウの羽は他の野鳥と比べると柔らかく、羽ばたく時に音がしません。カラスとフクロウの羽を直に触ってもらい、違いを確かめてもらいましたよ🙂



最後はネイチャーセンター内の水槽を見学して終了となりました。

今日は秋の紹介でしたが、春夏秋冬で見られものが変わりますので、またぜひ遊びに来て下さいね♪





|

« 牛久奥野さくらふれあい保育園出前講座報告 | トップページ | 「のぞみ園」さんのガイド報告:丸山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛久奥野さくらふれあい保育園出前講座報告 | トップページ | 「のぞみ園」さんのガイド報告:丸山 »