« しぜんっこくらぶ「冬のいきものさがし」開催報告:丸山レンジャー | トップページ | 森でランチ♪小さな春をさがそう報告:金久レンジャー »

2017年2月19日

2/19定例バードウォッチング;蓮尾レンジャー

本日バードウォッチング受付けの準備をしている時は晴天で気持ちよかったのですが、天気予報では少しずつ風が強くなる予報になっています。終わるまではなんとか持ってほしいのですが…。

始まってバッタ野原に移動している時から少しずつ風が強くなってきています。そのせいか少しヒヨドリが飛んだだけで、他の野鳥は見られませんでしたsweat01

そのまま特に気配は無く観察舎まで移動です、観察舎のすぐ横にウメが咲いていてメジロやシジュウカラの鳴き声が聞こえます。ただ肝心の姿はウメの花の間から少し見える程度で裏の生垣に入ってしまいました。
その後休憩をはさみ、ふと上空を見てみるとカラス大で白いお腹が見えました。
羽の先が黒く、お腹に黒い模様が入っていたのでノスリと判断しました。強風でしたが、ノスリくらいのサイズだとあまり気にならないのでしょうか?
休憩が終わり、コブナの流れ方向に移動です。

Photo

林の中を進んでいくとシジュウカラとメジロ、エナガの混群が通過していきます。姿は見えませんでしたが生垣の奥ではシロハラの鳴き声が2羽分聞こえケンカしているような声でした。姿が見えなかったのが残念です。

コブナの流れでも特に何も見られなかったのでビートズルトレイルに移動です。そこでは畑と同色のツグミが走り回っていました。動かないと見つけづらいものですね。
また田んぼの斜面ではアオサギがじっと立っていました。どうやら強風に飛ばされないように踏ん張っているようです。

Photo_2

カラスが上空で騒いでいたので、上空を見てみるとまたしてもノスリでした。観察舎上空と同じノスリかは分かりませんがカラスを振り切り、土浦方面へ飛んでいきました。

ノスリを最後に見送って今日のバードウォッチングは終了となりました。今日は強風のため種類は少なくドバトを含め23種+1種確認できました。
次回は3月の19日です、その頃になるとウグイスもさえずり始める頃だと思いますので、春の気配を感じられると思いますよnote

蓮尾

|

« しぜんっこくらぶ「冬のいきものさがし」開催報告:丸山レンジャー | トップページ | 森でランチ♪小さな春をさがそう報告:金久レンジャー »