« 森でランチ♪落ち葉でじゃんけんポン*報告:金久レンジャー | トップページ | 森でランチ♪森で小さなクリスマス会報告*金久レンジャー »

2016年11月20日

11/20(日)定例バードウォッチング;蓮尾レンジャー

本日は11月にしては暖かく、小春日和となりました。ただ朝から霧がひどくしっかりと野鳥が見られるかが心配しながら始まりました。
今回のバードウォッチングの参加者は、大人の方はもちろんですがお子様も多かったです。今以上に興味を持ってもらえると嬉しいですね

バッタ原ではさっそくネイチャーセンター側で葉っぱが落ちたコナラの木に10羽ほどのメジロが群がっていましたよ。何かを探しているようで、枝の中をあっちにいったりこっちにいったりと忙しそう。2分もせずあっという間に群れで移動してしまいました
正門付近のイチョウの木のてっぺんにスズメより一回り大きい鳥が目立つようにとまりました、この時期に木のてっぺんにとまる鳥は限られていて、予想した通りモズでした。去年一昨年は道路を挟んだ反対側のコジュケイの林でモズのはやにえがみつかったので、今年も見つかるかもしれませんね。

モズを観察していると近くの枝にヒヨドリが2羽とまり、何回かモズにむかって叫んだあとに飛んでいってしまいました。ヒヨドリの縄張りだったのでしょうか?謎が残る光景でした。

その後はヒグラシの林の中を通過していきます、今日もカケスがよく鳴いて時々見られるところに出てきてくれたので参加者の方たちも満足できたようです。

その後観察舎に着き少し休憩していると、観察舎の後ろ側の枝でコゲラが何かを懸命に突いていました。飛んでいった後に突いていた所を良く見ると、ハラビロカマキリの卵がありボロボロになっていました。野鳥の目はすごいですね、分かりづらい卵をよく見つられるものだと感心してしまいます。

そのままさらに林の中を歩いて行くと、草刈された林床の中をビンズイが歩きまわっています。セキレイの仲間なのでしっぽが長く特徴的なシルエットですが、色が周りに合わせ分かりづらいので草はらの中に入ってしまうと動いている時しか見つけることができません。

その後コブナの流れに着くと先頭の方たちがカワセミをご覧になったようです。ただすぐに林の中に入ったようで、見られた人はほとんどいませんでした。聞いたところによるととても綺麗なメスだった様です、見られた人はラッキーですね

Photo
↑林の中に入ったカワセミを探す参加者の方たち

その後ビートルズトレイルに行くと、畑の近くにある温室の屋根にハクセキレイがとまっていました、すぐ近くの電柱にはモズもいましたよ。

Photo_2
↑屋根の上のハクセキレイ

その後に先頭のボランティアの方たちが望遠鏡をセットし、参加者の方たちに何かを説明しています。お話を聞くと先月オオタカがとまっていた枝に、今日もオオタカがいるということでゆっくりと見させていただきました。
これで今日は終わりかと思いきや最後に小野川に沿って飛んでいるアオサギを確認して終了となりました。

Photo_3
↑通過するアオサギ

今日は合計28種と、先月よりも8種も多く見る事が出来ましたよ。観察の森で見られる冬鳥たちはだいたい揃ったと思いますので、来月12/18も同じくらいの種類が見られ、さらに葉っぱも落ちるとも思いますので観察しやすくなりますのでお楽しみに♪

|

« 森でランチ♪落ち葉でじゃんけんポン*報告:金久レンジャー | トップページ | 森でランチ♪森で小さなクリスマス会報告*金久レンジャー »