« しぜんっこくらぶ「静かな森へようこそ」開催報告:丸山レンジャー | トップページ | 2016/2/21 定例バードウォッチング;蓮尾レンジャー »

2016年1月17日

2016/1/17(日) 定例バードウォッチング;蓮尾レンジャー

今年の最初のバードウォッチングは少し寒いながらも快晴でとても気持ちの良い朝となりました。始まる前からちらほら野鳥の鳴き声が聞こえてきます。
このままバードウォッチングが始まってからもみられるでしょうか?

最初にむかったバッタの原からあたりを見渡します。日時計周辺のケヤキでは、エナガの群れがにぎやかに飛び回り、幹の後ろにいったり、枝に飛び乗ったりとせわしなく動き、私たちを楽しませてくれます
上空を見るとヒヨドリたちが行ったり来たりと大忙し。園路沿いのクワノキではこの周辺に縄張りをはっているジョウビタキのメスが、クワノキの枝の先に鳴き「ヒッヒ、カッカ」と縄張りを宣言しています。
一番高いスギの木のてっぺんではシメが休憩中。今日は最初からたくさんの野鳥が活発に動きまわっています。

Photo

Photo_2

↑ジョウビタキの♀

バッタの原だけで2時間楽しめそうでしたが、違う野鳥を求め次の場所へ。
観察舎にむかう途中でオオタカが上空を通過します。所々で聞こえてきたオオタカの鳴き声は彼だったのかもしれません。観察舎を過ぎ、アカマツの林ではこちらでもジョウビタキのメスが見られましたが、バッタの原とは違う個体の様です。観察の森はメスには人気ですが、オスには秋以降出会う事ができません。メスに追い出されたのか、オスが気にいらなかったのか気になるところです。
ジョウビタキのメスを観察していると近くの枝にカワラヒワが2~3羽とまりました。とまったかと思うとすぐに飛んでいってしまいました。

Photo_3

コブナの流れではカワセミのメスが池の縁の少し見づらい枝にとまっていたのですが、参加者全員の方が観察出来るほど、じっとしていましたよ。

最後はビートルズトレイルに移動です。こちらでは歩きまわっている1羽のツグミをみかました。1羽でいることは珍しいのですが、近くに仲間がいたのでしょうか?小野川にむかっていると「チキチキチキチキ」と聞きおぼえのある鳴き声が響き渡ります。枝の先を見て回ると、いました!やはりモズでした。これで今日のバードウォッチングは終了かと思いきや最後に遠くのほうでノスリが旋回しながら飛んでいきましたよ。

Photo_4

↑ツグミ

これで本日のバードウォッチングは終了です、今日は30種の野鳥を観察できました冬の観察の森では30種が普通になりますので次回もこれくらいの種が観察できると思います。
次回は2/21(日)にありますので、ぜひご参加ください♪


|

« しぜんっこくらぶ「静かな森へようこそ」開催報告:丸山レンジャー | トップページ | 2016/2/21 定例バードウォッチング;蓮尾レンジャー »