« 「こども森林教室」のお知らせ | トップページ | 「こども森林教室」開催報告:丸山レンジャー »

2015年9月21日

9/20 定例バードウォッチング;蓮尾レンジャー

本日のバードウォッチングはとてもさわやかな朝でしたが、日が昇るにつれて気温が上がりそうな予感です。秋ころになると、動きが活発になったり、混群になったり、夏鳥たちが通過していく時期でもあるので、様々な野鳥が見られるかもしれませんのでとても楽しみです

バッタ原に出てみるとやはり気温が上がり、キジバトが少し飛ぶ程度だったのですぐに移動しました。

Photo

9月の中旬でも暑い日もありますが、林の中に入ってみると葉が日光を遮りとても心地良いです。2つ目の池では心地よさに誘われたのか、久しぶりにカワセミが見られ参加者の方たちを楽しませてくれました。

また園路に少し目を配ってみると、鳴く虫たちがとまっていたり、ヒガンバナが咲いていたりとすっかり秋本番です。

Photo_2
ウマオイ

観察舎で少し休憩し、コブナの流れに移動です。この時期のコブナの流れでは、イヌザンショウが実をつけそれを食べにキビタキなどの旅鳥が訪れます。今回は何も見られませんでしたが、カメラマンの方の情報だと前日にはキビタキのメスが訪れていたようです。
これから渡りの本格的なシーズンになりますので、出会える確率があがりますよ!

2a1
去年のキビタキのメス

ビートルズトレイルに到着するといたるところでモズたちが見られ、時々ですが高鳴きをして縄張りを主張しています。モズの高鳴きも秋ころから本格的に始まりますので、目立ちよく見られるようになります。

上空を見るとツバメが群れて飛んでいたのですが、ボランティアの方のお話では、普段私たちが見ているツバメではなく、ショウドウツバメとの事。ショウドウツバメは北海道で繁殖をし、今の時期は南下している途中で休憩のために立ち寄ったのだと説明していただきました。やはり今の時期は何の野鳥が見られても不思議ではありません。

Photo_3

最後にNCに戻ろうとするとオオタカの若鳥が林の上に飛び出してきました。少しずつ高度を上げて上空に消えていきます。このまま無事に大きくなることを願うばかりです。

これで本日の定例バードウォッチングは終了となり、15種 + 1種(ドバト)がみられました。来月10/18(日)もまだまだ渡りの時期です。もしかしたら普段見られない野鳥も訪れてくれるかもしれませんね。どうぞお楽しみに♪

|

« 「こども森林教室」のお知らせ | トップページ | 「こども森林教室」開催報告:丸山レンジャー »