« 「森でランチ♪」4月はじめまして報告:金久レンジャー | トップページ | 「森でランチ♪」5月新緑の森報告:金久レンジャー »

2015年4月20日

4/19定例バードウォッチング;蓮尾レンジャー

今日は少し曇っていましたが気温はちょうどよく、歩くにも良い気候でした。シジュウカラのさえずりもとても良く聞こえています。4月になり冬鳥たちは少しずつ帰り始めますが、同時に夏鳥たちも飛来し始める時期でもあります。牛久自然観察の森はどうでしょうか?

バッタ原では正門付近の草原で、ハシボソガラスがせっせと何かをついばんでいます。何を食べているかまでは分かりませんでしたが、多分地面にいたコガネムシなどの昆虫を食べていたのだと思います。
ハシボソガラスのいる原っぱの反対側の雑木林では、モズの「チキチキ」という鳴き声が聞こえてきます。私も今日だけでなく最近よく鳴き声を聞いているので、きっと雑木林の奥の方で巣を作っているのでしょう。

Photo

その後移動し、一つ目の池「カワセミの池」のハイドからヤマザクラが見えるのですが、そこではエナガとシジュウカラが花や葉っぱの間を忙しそうに動き回っていました。エナガはアブラムシなどを食べる昆虫食なのでもしかしたら小さな虫がたくさんいたのかもしれませんね。そのまま2種は奥の方に移動してしまいました。

さらに奥に進み休憩した後、コブナの流れに行くと池の縁でアズマヒキガエルのオタマジャクシがたくさん群れていて、水面に浮いている枝を見てみると、ミズカマキリが日光浴をしていましたオタマジャクシを狙いに来たついでに、少し休憩していたのでしょうか?そのまま池の中に飛び込みいなくなってしまいました。

園外にでる前にカッパ沼という沼があるのですが、そこでは夫婦と思われるカルガモが休憩中。私たちが来たので池の反対の縁まで移動してしまいました。カルガモは日本固有種で、他の寒いところに移動するカモと違い1年中日本にいるので「夏留カモ」→「カルガモ」になったとボランティアの方に教えていただきました(※諸説あり)私も含め参加者の方たちも納得です

カッパ沼を後にし、ビートルズトレイルに出るとツバメが少し飛び回っていました。それ以外にもモズが狩りをしていたようで、地面に降りては元の場所に戻る行為を繰り返していました。初めてモズをみた小学5年生の女の子は大興奮あんなに喜んでもらえると私も嬉しくなります

Photo_3

今日は夏鳥と冬鳥を合わせて26種確認できました。来月には冬鳥は抜けてしまうでしょうが、変わりに夏鳥たちが訪れる時期です。もしかしたら珍しい夏鳥たちにも会えるかもしれませんね、次回5/17(日)の日曜日が待ち遠しいです、お楽しみに♪

|

« 「森でランチ♪」4月はじめまして報告:金久レンジャー | トップページ | 「森でランチ♪」5月新緑の森報告:金久レンジャー »