« 植生管理ボランティア・・・活動報告H26年4月9日 | トップページ | 植生管理ボランティア・・・活動報告4月23日 »

2014年4月23日

20140420 定例バードウォッチング;蓮尾レンジャー

今日は朝からぐっと冷え4月とは思えない寒さでしたが、小鳥たちの鳴き声はバードウォッチングが始まる前からちらほら聞こえてきます。寒さとは反対に心は少しウキウキしながらのスタートとなりました。

バッタ原にむかうと、クヌギの芽吹きたての葉の近くをエナガがひっきりなしに飛び回っています。何か美味しい食べ物を見つけたのでしょうか?3月と同じくシジュウカラがさえずり、遠くではヤマガラの声も聞こえてきます。出だしは上々の様です。
場所を移動し、コムラサキの丘に行くと猛禽の影が遠くに消えていった、と先頭のボランティアの方たちから情報を頂きました。形や色からサシバではないかとの事です。サシバは夏鳥(春に日本に渡り、秋に南の国に移動)なので、もう本格的な春なのだと実感できます。

Photo

十字路あたりではメジロやエナガなどの小鳥たちがさえずったり、エサをとったりと大忙しです。観察舎では休憩をしながら、ボランティアの方が持参した写真を取り出し参加者の方たちに野鳥の説明をしていました。熱心な方たちばかりで感心してしまいます

Photo_2

休憩をコブナの流れにむかう途中、園路の脇でキジバトの羽が散乱していました。ここでオオタカがキジバトを襲い、その後は別の所でゆっくりと食事を楽しんだと思われます。

Photo_3

コブナの流れでは野鳥は見られませんでしたが、ドジョウやオタマジャクシ、メダカがのんびり泳いでいました

ビートルズトレイルでは田んぼがひろがっているので、そこには冬鳥のツグミやタヒバリなどがいました。冬鳥なのでもう少ししたら姿は見られなくなります、また11月までのお楽しみですね♪冬鳥を見た方と思えば夏鳥のツバメが飛びまわっていました

Photo_4

今の時期は夏鳥と冬鳥が入り混じっているのでお得な気持ちになります

今回は夏鳥、冬鳥を含めた計24種の野鳥たちを観察できました。
次回は5月18日です、本格的に夏鳥たちが見られる時期になりますので、お楽しみに♪

|

« 植生管理ボランティア・・・活動報告H26年4月9日 | トップページ | 植生管理ボランティア・・・活動報告4月23日 »