« 12/8(日) こども昆虫教室「冬の昆虫探し」;蓮尾レンジャー | トップページ | 星空観察のご案内 »

2013年12月19日

12/15(日)定例バードウォッチング;蓮尾レンジャー

12月は毎年混群や冬鳥たちも落ち着きはじめ、葉っぱも落ちて姿を見つけやすくなります。11月に開催した時は姿と鳴き声で合計28種の鳥を確認できたので、今月はより多くの鳥たちの姿を確認したいという思いを秘め、始まりました。

毎月始めるときはネイチャーセンター前に集合したのですが、始まる前からネイチャーセンター付近をシジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、メジロの混群が飛び回り、参加者の方たちは始まる前から楽しんでいました。始まってすぐに上空をオオタカが横切ったようで、先頭の何名かが目撃したようです。

その影響かわかりませんが、近くの観察ポイントであるバッタ原では小鳥の鳴き声が聞こえず、静まりかえってしまいました。小鳥たちは天敵である猛禽類が飛ぶと、警戒して鳴かなくなるのです。猛禽類がみられてラッキーという気持ちと、小鳥たちがみられなく残念という気持ちを感じながらバッタ原を後にしました。

Photo

そのままコムラサキの丘ハイドへ。ハイドから水辺をのぞくとジョウビタキの♀が見られました。コムラサキの丘周辺では毎年ジョウビタキの♀が縄張りをはり、良く観察できるのですが今年はまだ縄張りがないのかすぐに飛び立ってしまいました。

Photo_2

少し進んで十字路付近ではシメが2羽上空をすっと気持ちよく飛び、それを目撃してから観察舎で休憩です。観察舎周辺にはまだ柿の実が残っているので、それを食べにメジロやヒヨドリが集まります。一通り観察してからオトシブミの林を通って、ビートルズトレイルへ。

オトシブミの林では野鳥ではありませんが、成虫で冬越しをするイトトンボ「ホソミオツネントンボ」を見つけましたよ!みなさん初めて見た方が多く、興味津々です

Photo_4

じっくり観察した後に、アカネズミの林、カッパ沼を歩いているとシロハラ、アオジの鳴き声が聞こえてきますが、姿は見えません。やはりまだ落ち着いてはいないようです。

ビートルズトレイルは風が強く、あまり鳥たちは飛んでいませんでしたが、モズを確認できました。モズは自分の縄張りがあるようで、同じルートをいったりきたりしていました。

Photo_3

そしてそのままネイチャーセンター前に集まり、参加者全員で今日確認できた鳥たちを確認しあい、解散となりました。今回は強風とオオタカの影響もあり12月にしては、22種と少ないように感じました。次回の1/19(日)に期待ですね!お楽しみに♪

|

« 12/8(日) こども昆虫教室「冬の昆虫探し」;蓮尾レンジャー | トップページ | 星空観察のご案内 »