« 「森でランチ♪」緑のグラデーション報告:金久レンジャー | トップページ | しぜんっこくらぶ「新緑の森さんぽ♪」開催しました:丸山レンジャー »

2013年5月15日

5/12 こども昆虫教室「力ブトムシの幼虫を育てよう」;蓮尾レンジャー

本日は朝から野鳥の観察の方たちもたくさんいらっしゃって、普段の森とは違いとても賑やかな雰囲気でした。雨上がりもあってか、ナガサキアゲハやカラスアゲハなどのチョウたちもウツギやツツジの花に集まり、初夏の陽気に包まれながら、こども昆虫教室は始まりました。

最初はネイチャーセンター内のレクチャー室で力ブトムシの幼虫や成虫の天敵、生態、森の役割等のお話をクイズで交えながらわかりやすくお話しました。簡単な問題では「簡単すぎだよ~」などの声が聞こえましたが、難しい問題もあったので、正解を発表すると「ええ~知らなかった」などの声もきこえ、とても楽しく学ぶことができました

Photo

力ブトムシの事がわかったところで、野外に幼虫を採集しにいきます。レンジャーからはヒントなどをいわず、クイズから生息している場所を予測し、各自で自由に掘っていきます。少し見つけるのに時間がかかるかなと予想していたのですが、子ども達はすぐに見つけていきました。

Photo_2

30分ほどでたくさんの力ブトムシの幼虫がみつかり、こども達の集中力と見つける洞察力に驚きました

Photo_3

見つけた力ブトムシの幼虫の中で自分のお気に入りを1匹だけ選び、それ以外の幼虫はもとの場所に逃がしました。来年はここではたくさんの力ブトムシが見られると思うとわくわくしますね

選んだ力ブトムシはレクチャー室にもどり、飼育セット作りを行います。飼育セット作りのコツを話した後は、子ども達だけで飼育セットを作っていきます。

Photo_5

最初は幼虫をいれる土をこね、ビンに入れていきます。

Photo_6

土の中に幼虫をいれ、その後はビンのふたにキリで穴をあけ、ふたとビンの間にティシュをはさめば完成です。
ティシュは湿気を保ちキノコバエなどの小さい昆虫の侵入を防ぐために挟みました。

最後は蛹になったときの注意点などを話し、次回のこども昆虫教室の内容を伝え終了しました。
完成した飼育セットは家に持ち帰り、夏に成虫になったら牛久自然観察の森まで逃がしにきてイベントは終了となります。みなさん夏に元気な力ブトムシを持ってきてくださいね!
さて次回のこども昆虫教室は6/9(日)「水生昆虫を観察しよう」です。毎年オニヤンマのヤゴ等多数の昆虫たちが観察できますのでお楽しみに♪

|

« 「森でランチ♪」緑のグラデーション報告:金久レンジャー | トップページ | しぜんっこくらぶ「新緑の森さんぽ♪」開催しました:丸山レンジャー »