« 森の楽校「描こう!トンボスケッチ」報告:丸山レンジャー | トップページ | 森の楽校「ダッチオーブンでパンを焼こう!」報告:金久レンジャー »

2012年8月12日

8/12 こども昆虫教室「はじめての標本作り」;蓮尾レンジャー

こんにちは、蓮尾です。今日は「はじめての標本作り」をおこないました。前回は雨で中止だったので、先月分を取り返す気持ちで、こども昆虫教室おこないましたよ!

さっそく標本作り・・・を行う前に、まずこどもたちに標本のイメージをはっきりさせるために、昆虫の標本をお見せしました。

Photo


標本をしっているというお友達もいましたが、ヤゴの抜け殻のみを集めた標本やセミの成虫と抜け殻を集めた標本、樹液に集まる昆虫だけを集めた標本など遊び心のあるものもご紹介しました。

そのあとはなぜ昆虫の標本をつくることが大事なのかをお話しました。標本作りというのは昆虫の名前を調べるため、その環境にすんでいる昆虫を紹介するためなど研究目的としてもとても大切な意味があります。また自分でつくった標本をみていると、作っていたときや採集したときなどの記憶がよみがえり記念にもなります。

標本の紹介した後は、カブトムシの標本作りにチャレンジです。今回はできるだけこども達だけで挑戦するように、がんばってもらいました

Photo_5

Photo_8

わからないところなどはレンジャーや保護者の方にも教えてもらっていましたが、基本はすべて一人でつくりあげました。みんなよく頑張りました!

Photo_3

Photo_4


その後は標本箱の作成です。箱をくみたてふたをきり、四方の外側に両面テープを貼ります。
組み立てた箱の中にカブトムシとラベルと

Photo_6

防虫剤をいれて、今日はここまでです。

Photo_7


1~2週間、ながくて1ヶ月ほど湿度と温度があがらないところで乾燥させて、カブトムシが硬くなってうごかなければ針をぬきラップをして完成です!

このブログをよんで標本作りに興味がでてきたみなさん、ぜひ挑戦してみてください♪大きな昆虫(カブトムシやクワガタムシ)は作りやすいのでおすすめです♪

わからないことなどありましたら下記の電話番号までご連絡ください。
→牛久自然観察の森 029-874-6600 担当;蓮尾(はすお)

次回のこども昆虫教室は9/9(日)、テーマは「鳴く虫をそだてよう♪」です。9/1(土)から受付けとなりますのでお楽しみに!

|

« 森の楽校「描こう!トンボスケッチ」報告:丸山レンジャー | トップページ | 森の楽校「ダッチオーブンでパンを焼こう!」報告:金久レンジャー »