« しぜんっこくらぶボランティア研修報告:丸山レンジャー | トップページ | 植生管理ボランティア活動報告・・・5月16日 »

2012年5月14日

5/13 こども昆虫教室「カブトムシの幼虫を育てよう」;蓮尾レンジャー

5月から心地よい気温になり、それに合わせて昆虫たちも活発に動き始めました。その中には、カブトムシの幼虫もいます。今回はそんなカブトムシの幼虫を育てていき、成虫になるまでを観察します。

最初はネイチャーセンター内のレクチャー室で挨拶です。そのあとは力ブトムシの生態や飼い方のクイズを出題しました。
クイズは簡単な問題から少し難しい問題までさまざまです。子ども達からは「知ってる~」「ええ~!?」という声が聞こえてきました。

Photo

このクイズでもっと力ブトムシに興味をもってくれたかな!?

クイズがおわった後は実際に外にでて、カブトムシの幼虫探しです。でもその前に今の時期に見られる、エゴツルクビオトシブミが揺籃を作っている所を観察です。今回観察したオトシブミは体長1センチにも満たない昆虫で、1枚のエゴノキの葉を1匹の♀が一生懸命巻いていました。

Photo_3

オトシブミの揺籃作りの観察のあとは、待ちにまった力ブトムシの幼虫探しです。1つの山からたくさんの力ブトムシの幼虫たちが出てきました。

Photo_4

Photo_5

その後ネイチャーセンターのレクチャー室に戻ってからは、力ブトムシの幼虫の飼育セット作りです。参加者1家族に1つずつ飼育用のビンをお渡しし、その中にカブトムシ専用の土をつめていきます。そして最後に好きな力ブトムシの幼虫を1匹いれ完成です。

Photo_6

家にもってかえって蛹になるところや羽化するところなど、自然ではなかなか見られない姿をぜひ観察してみてください!そして羽化した力ブトムシの成虫を、この牛久自然観察の森に放しましょう。
※牛久自然観察の森は昆虫や植物などの採集を禁止しています。

次回のこども昆虫教室は6/10(日)「水生昆虫を観察しよう」です。毎年オニヤンマのヤゴやタイコウチなどが見つかります。ぜひ一緒に水の中にすんでいる昆虫を探しにいきましょう。

|

« しぜんっこくらぶボランティア研修報告:丸山レンジャー | トップページ | 植生管理ボランティア活動報告・・・5月16日 »