« 動物将棋大会企画・・・「使い込んだ駒を磨こう」 | トップページ | しぜんっこくらぶ「小さな春をみつけよう」:丸山レンジャー »

2012年2月12日

2/12 こども昆虫教室「スズメバチの巣・・・解体!」;蓮尾レンジャー

今日のこども昆虫教室はスズメバチの巣の解体です。スズメバチの巣はテレビで見ることはよくありますが、中を見る機会はありません。今日はスズメバチの巣の中を観察します。
スズメバチの巣を観察する前に、スズメバチを含めたハチのクイズです。このクイズでハチの生態など色々なことを学びます。

Photo

Photo_2

クイズの後に大きさがバレーボールくらいのスズメバチの巣を持ってもらったのですが、持った参加者の方は思った以上に軽かったのか声が上がりました。
そしてまちに待った解体作業です。切って中をみると歓声が上がります。4段の層があり、合計で650個の6角形の穴がありました。これでバレーボールくらいの大きさの中に働き蜂が、600匹以上いることがわかります。

Photo_3

Photo_4

解体した巣の破片を顕微鏡で観察します。

Photo_5


顕微鏡で見てみると、巣の表面はざらざらで木くずが使われているのがわかります。みんな一生懸命巣のスケッチをしていました。
Photo_6

最後はスズメバチがいる雑木林をみて解散となりました。

次回のこども昆虫教室は3/11「クワガタの来る場所をつくろう」です。自分たちで切った丸太を運び、クワガタの来る場所を作ります。ぜひご参加ください♪

|

« 動物将棋大会企画・・・「使い込んだ駒を磨こう」 | トップページ | しぜんっこくらぶ「小さな春をみつけよう」:丸山レンジャー »