« 四季のガイドツアー「冬越しの昆虫観察」;蓮尾レンジャー | トップページ | 『森でランチ♪』森の素材でクリスマス飾りを作ろう!報告:金久レンジャー »

2011年12月 2日

植生管理ボランティア・・・活動報告 (落ち葉集め)

Dsc_0001

里山の植生管理作業に向かうボランティアさん。
秋から冬へ向かおうとするの林の中は、色づいた葉と木の実が錦を飾る。

今日は、コムラサキの池の南側の雑木林の中で、下草刈りと落ち葉かきを行いました。
落ち葉かきは今の季節の大切な里山の仕事、一昔前は集めた落ち葉や米ぬか、家畜の糞などを発酵させ、作物を育てるための肥料を作っていたそうです。農家では家のすぐそばに、それらをつくる場所が必ずあったとか。
 観察の森では、下の写真のように塊をつくり、自然に土に帰しています。
2〜3年ぐらいすると地面と同じぐらいの高さになっていきます。
そうなると力ブ卜ムシが好んで卵を産みにやってきます。

R0016799

落ち葉を囲いにの中に集め、踏み固める。
中に入っている小枝がパキパキと骨に伝わり心地良い。
作業を続けていくとやがて汗にかわっていく。

Dsc_0027

観察の森の冬の風物詩。
できあがった落葉塊、園長がこどものころは「まんじゅう」と呼んでいたことも。


Dsc_0004
刈払機
作業をたすけてくれる大切なパートナー

Dsc_0019

ボランティアの皆様
作業、お疲れさまでした。

|

« 四季のガイドツアー「冬越しの昆虫観察」;蓮尾レンジャー | トップページ | 『森でランチ♪』森の素材でクリスマス飾りを作ろう!報告:金久レンジャー »