« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日

四季のガイドツアー「冬越しの昆虫観察」;蓮尾レンジャー

今回の昆虫観察は今から寒い冬を乗り切ろうしている昆虫たちの観察をしにいきました。前回の昆虫観察から1週間経ちましたが、1週間でどう変わっているのかも気になります。

最初はいつも通りNC前に集合です。探しに行く前にどんな昆虫たちがいるかのお話をしました。
今回はガたちのお話です。「ガ」と一言でいっても、繭は色々な形や色があるのでとても面白いですよ

Photo

冬越しの昆虫のお話をした後は、写真の中に昆虫が隠れているので探してもらいました。これで昆虫探しは万全ですね

Photo_2

少しフクロウのお話やバッタの原に生息しているバッタの卵のお話をしてからコジュケイの林で冬越しの昆虫観察です。

最初に見つけたのは幹の間に隠れていたツマグロヨコバイの仲間です。じっとしていましたが、緑色なので少し目立っていたのが印象的でした。

次は木陰に隠れていたオオカマキリの卵しょうです。一度見つけてしまうと移動しないので観察しやすいですね♪

Photo_3

最後に観察できたのはトンボの仲間で今の時期でも成虫のホソミオツネントンボとトビナナフシです。ホソミオツネントンボは成虫で冬を越す珍しいトンボです。木の枝にそっくりなので普段歩いているだけでは、見つける事ができません。

Photo_4

トビナナフシは今の時期に見られる緑色のナナフシで、羽がついているのが特徴です。

冬の間でも実は色々な昆虫が隠れているのが面白いですね。牛久自然観察にお越しの際は、ぜひ冬越しの昆虫を探してみてください!

|

2011年11月20日

四季のガイドツアー「冬準備の昆虫たち」;蓮尾レンジャー

今回の四季のガイドツアーは、「冬準備の昆虫たち」です。今の時期は冬が近づいてきたので、それに合わせて昆虫たちも寒さに耐えるための準備をしています
そんな冬を乗り切るために準備をしている昆虫を観察しにいきました。

最初に見つけたのはチョウセンカマキリというカマキリの卵鞘(カマキリの卵を包んでいる泡のようなもの)です。カマキリは種類によって卵鞘の形が違うので、何の種類のカマキリが卵を産んだかがわかります。
色が枯れた草にそっくりなので、何気なく歩いているだけでは見落としてしまいます。目立ってしまうと鳥などに食べられてしまうので、色を目立たなくさせるのはカマキリが子孫を残すための知恵なのですね。

Photo

次はNC近くのカラタチの木にいきました。カラタチの木はミカンの仲間なので、ミカンの仲間の葉を食べるアゲハチョウの仲間がいます。今の時期は冬を越すためにアゲハチョウの仲間は蛹です。
アゲハチョウの蛹は緑色か茶色で、今回見つけたのは茶色のアゲハチョウの蛹でした。茶色の蛹は木の幹の茶色に似ていて、とても目立ちにくいです。蛹は冬までその場から動くことができないので、目立ってしまうとすぐに鳥などの天敵に食べられてしまいます。

Photo_2

そのあとはバッタの原に向かいました。バッタの原は9~10月にたくさんのバッタたちが飛んでいましたが、今はほとんど見ることができません。今の時期のバッタは卵で、どこに卵があるかというと、来園者の方が歩いている砂利の道の下にあります。
バッタの原にロープが張っているのですが、そこに寒さに耐えていたバッタが休憩していたので少し観察しました。

Photo_3

そのあとはコジュケイの林へ。ここの林も夏にたくさんのカブトムシたちがいましたが、今はいません。カブトムシたちは移動したわけではなく、冬の間は幼虫で腐葉土の中にいます。また夏になるとたくさんのカブトムシたちでにぎやかになります。今から来年の夏が楽しみですね♪

最後に観察したのはコジュケイの林に生えているサンショウで、そこにはオオカマキリの卵がついています。最初に観察したチョウセンカマキリの卵鞘とは形がぜんぜん違います。
一口にカマキリの卵鞘といってもいろいろな形があるので、探してみると面白いですね

そんな冬越しの準備をしている昆虫観察をおえ、今日は正門前で解散となりました。

次回の四季のガイドツアーもお楽しみに♪

|

定例バードウォッチング開催しました

雨上がりの森。

今日のバッタの原には、鳥たちが大集合でした♪

R0016745


続きを読む "定例バードウォッチング開催しました"

|

2011年11月19日

森のどうぶつしょうぎ大会

今日は「森のどうぶつしょうぎ大会」を開催しました。
大人も子供も一緒に楽しむことが出来るどうぶつしょうぎ、日頃から家で練習している子や初めて対戦する子も、対戦相手をかえてゲームを行っていました。

R0016736


続きを読む "森のどうぶつしょうぎ大会"

|

2011年11月18日

里山の動物ぬいぐるみ作りしませんか:丸山レンジャー

1118_1
秋も深まってきました。
ちくちくと針仕事してみませんか?


続きを読む "里山の動物ぬいぐるみ作りしませんか:丸山レンジャー"

|

しぜんっこくらぶ「落ち葉となかよし」報告:丸山レンジャー

今日は天気予報がはずれ、朝から雨になり
寒い1日でしたね。

あいにくの雨でしたが、しぜんっこくらぶの子どもたちと
室内で「落ち葉」と遊びました。

1111181


落ち葉は洗ってきれいなものを使いました。

続きを読む "しぜんっこくらぶ「落ち葉となかよし」報告:丸山レンジャー"

|

2011年11月17日

植生管理ボランティア・・・活動報告

今日の作業は先週、先々週に引き続きスギ林の植生管理作業を行いました。

R0016722


続きを読む "植生管理ボランティア・・・活動報告"

|

2011年11月13日

11/13 こども昆虫教室「牛久自然観察の森で宝物さがし」;蓮尾レンジャー

今回のこども昆虫教室は当初「カブトムシの寝床つくり」でしたが、落ち葉に放射能がたまりやすいということから予定を変更して「オリエンテーリング」を行いました。

牛久自然観察の森のオリエンテーリングは、下のマークに書いてある左上の番号と右下の答えを探し、早く戻ってくるかを競うゲームです。見つけた数が同じ場合は、先に戻ってきたチームの勝ちとなります。

Photo

最初に挨拶とゲーム内容を説明してはじまりました。制限時間は1時間15分で、それを超えると1分ごとにペナルティがつきます。

隠している場所は、野外はもちろん

Photo_2

Photo_4

室内まで色々なところに隠されています。

Photo_3

オリエンテーリング以外にも今回はSP問題が!コーンとバーで囲まれたエリアの中に人工物(ぬいぐるみなど)がいくつあるかを数えてきてもらいました。

Sp

終了してからは答え合わせです。全員が全問正解でした

Photo_5

一番早く戻ってきた家族はなんと25分でした。大人の人でも普通に歩いて回るだけでもだいたい30分以上はかかってしまう距離なので本当に驚きました

今回は特別に牛久自然観察の森オリジナル缶バッチのプレゼントがあります。早いグループから順番に好きな缶バッチを1つ選んでいきました。

Photo_6

最後に答えになった昆虫たちのお話しです。答えになった昆虫たちは、牛久自然観察の森で四季に見られる代表的な昆虫たちです。ゲームをしながら楽しく昆虫の名前も覚えられます。

Photo_7

最後に12月11日のこども昆虫教室「冬越しの昆虫観察をしよう!」の概要をお話ししておわりました。
12月は冬越しのために色々な工夫をしている昆虫たちを見られるので、色々な発見があり驚くこと間違いなしです。ぜひご参加ください♪


|

2011年11月11日

『森でランチ♪』秋のスペシャル「絵本がいっぱい」報告:金久レンジャー

~子どもと家族みんなの絵本読み聞かせ会~
         森でランチ♪

11月の『森でランチ♪』は、秋のスペシャル!!
JPIC読書アドバイザーさんと
龍ヶ崎市子育て支援施設のスタッフさんの
2組の特別ゲストさんをお呼びしてお話の世界を楽しみました。
Photo_8Jpic_2


続きを読む "『森でランチ♪』秋のスペシャル「絵本がいっぱい」報告:金久レンジャー"

|

2011年11月10日

植生管理ボランティア活動報告

今日は、先週に引き続きスギ林の植生管理を行いました。

R0016659


続きを読む "植生管理ボランティア活動報告"

|

2011年11月 6日

森のクラフト教室 「どんぐり笛をつくろう」

しとしと雨のふる中、
「ピー ピー」と澄んだきれいな音と、笑い声が響きます。

鳴っているのは「どんぐり笛」です。

Dscf8401

続きを読む "森のクラフト教室 「どんぐり笛をつくろう」"

|

2011年11月 3日

森のおもちゃづくり『モビールを作ろう』 :大作レンジャー

手づくりで、ぬくもりのあるおもちゃを作る「森のおもちゃづくり」。

今回作ったのは、
どんぐりやまつぼっくりなど、森の素材を使った「モビール」です。


Dscf8331_2


和やかな雰囲気の中、モビールづくりがはじまりました。

続きを読む "森のおもちゃづくり『モビールを作ろう』 :大作レンジャー"

|

植生管理ボランティア・・・・作業報告

今日の作業は、杉林の下草刈りを行った他に
台風通過後に発生した倒木の後片付けを行いました。

R0016559s


続きを読む "植生管理ボランティア・・・・作業報告"

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »