« 牛久自然観察の森の秋の見所 | トップページ | しぜんっこくらぶ「実りの秋を楽しもう!」開催しました:丸山レンジャー »

2011年10月16日

定例バードウォッチング :大作レンジャー

早朝まで降っていた雨がやみ、
しっとりとした空気の中でバードウォッチングがはじまりました。

秋の渡りの鳥キビ夕キや、カケスの出会いに期待して出発です♪

Dscf8224


まず、バッタの原で鳥を待ちます。
まだ風が強く、鳥の姿が少なかったのですが、
エゴノキの実を食べに来たヤマガラや、ヒヨドリの群れの移動などを観察できました。


コムラサキの池では、今回もカワセミがお出迎えしてくれました。
対岸の枝にじっととまっていたので、
スコープで一人ひとり観察することができました。


Dscf8207


いつもより早めにコブナの流れへ移動。
渡りの途中でイヌザンショウの実を食べに立ち寄るキビ夕キの登場を待ちます。


すると、

ボランティアのNさんから「何かあるよ」との呼び声。

Dscf8218

駆け寄ると、たくさんの羽が!

Dscf8220

きれいな青色の羽・・・カケスの羽です。

「動物に襲われたのかな・・・」

「猛禽じゃないか?」

「羽の様子からみると、今朝かもしれないね。」

「どんぐり!」

「カケスがどんぐりを食べに降りたんじゃないか?」

「食事に夢中だったところを狙われた?」

なるほど。
確かに、羽のまわりには、たくさんのどんぐりが落ちています。

しばらくみんなで推理をしながら、羽の観察も行いました。


今回は期待していたキビ夕キには出逢えず、ビートルズトレイルへ移動。
途中、
カッパ沼のまわりでは、エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラの混群が見られました。

Dscf8223

その数は40羽以上!
スギの枝から枝へ、次々に飛び移る様子を観察できました。

ビートルズトレイルに出ると、日差しが出てきて汗ばむほどでした。
双眼鏡で空をみると、たくさんの赤とんぼ。
コオロギの鳴き声が響いています。

Dscf8225


遠くではモズが鳴いています。高鳴きです。
民家の上ではメスが、遠く離れた川辺の木の上でオスが鳴いていました。

冬の間の食事場所を確保するために、縄張り宣言をしているのですね。

来月のバードウォッチングの時には、縄張りが決まっているでしょうか・・・。

そんなお楽しみも残しながら、観察を終了しました。

*本日の観察種*

カワウ、チョウゲンボウ、キジバト、カワセミ♀、
コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、
モズ♂・♀、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、
メジロ、スズメ、カケス、ハシボソガラス、
ハシブトガラス、(アイガモ)

【合計 17種 (+1種)】


次回の定例バードウォッチングは11月20日(日)。
ジョウビタキやルリビタキなど、冬の鳥たちを観察に行きましょう♪


◆定例バードウォッチング

・毎月第3日曜日 (次回は11月20日)
・9:00~11:00
・参加無料
・当日申し込み

*双眼鏡無料貸し出しをご利用ください
*雨天中止

木の葉が落ちて見通しが良くなる季節は、鳥の姿も見やすくなります。
バードウォッチング初心者の方、お子様大歓迎です。
お気軽にご参加ください♪

|

« 牛久自然観察の森の秋の見所 | トップページ | しぜんっこくらぶ「実りの秋を楽しもう!」開催しました:丸山レンジャー »