« しぜんっこくらぶサポートボランティア研修:丸山レンジャー | トップページ | 植生管理ボランティア活動の報告 »

2011年9月12日

9/11 こども昆虫教室「鳴く虫の生活と飼い方」;蓮尾レンジャー

今日のこども昆虫教室は今からたくさん鳴き始める鳴く虫の生活と飼い方のご紹介♪

最初はいつも通りご挨拶から、私はもちろんですが学生のボランティアが2人、そして日本鳴く虫保存会 茨城支部という会に所属している鳴く虫についてとても詳しい小林さんと瀬下さんに参加していただきました。

挨拶の後は牛久自然観察の森に鳴く虫が生息しているので、鳴く虫の採集をしにいきました。鳴く虫といってもたくさんの種類がいて、小さい種類から大きい種類など多種多様の鳴く虫がいます。
あるところで瀬下さんが立ち止まって小さなビニール傘をとりだし、ちょっと茂った葉っぱの下に傘を反対にしてもち、葉っぱをゆらすと・・・?

Photo

傘に小さな鳴く虫がおちてきました!見つかった鳴く虫は1cmに満たないくらいの大きさで、全身が茶色をしているカネタタキという鳴く虫です。鳴き方がカネを叩くように聞こえたので、カネタタキという名前が付きました。

参加者たちの歓声があがり、探し方がわかったのかみんなどんどん捕まえていきました

Photo_2

カネタタキ以外にも地面を歩くエンマコオロギなどの鳴く虫がみつかりました。

この後は少し休憩してから、ネイチャーセンターに日本鳴く虫保存会の茨城支部と共催で展示し、9/11まで行っている鳴く虫展のお話を小林さんからいただきました。貴重なお話ありがとうございます。

Photo_3

その後は鳴く虫の飼育セットつくり!今日お配りしたのはスズムシです。メジャーですが、とても綺麗な鳴きかたをする奥の深い鳴く虫です

持ってきていただいた昆虫の飼育ケースに土をいれて、水で湿らせます。土台が出来上がったので、その後はペットボトルのキャップにティッシュをつめ水で湿らせます.

Photo_4

Photo_5

ここが鈴虫たちの水飲み場になります。そしてナスなどのエサをいれて完成です。子どもたちは初めてながら一生懸命し、無事に飼育セットが完成しました!!

Photo_6

上手くいくと来年スズムシたちの赤ちゃんがたくさんでてきます、来年が楽しみですね♪
次回のこども昆虫教室は10/9(日)で、テーマは「昆虫カードつくり」です。スペシャルゲストで懐かしい○○レンジャーも登場です。お楽しみに♪

|

« しぜんっこくらぶサポートボランティア研修:丸山レンジャー | トップページ | 植生管理ボランティア活動の報告 »