« 8/14 こども昆虫教室「初めての標本作り」;蓮尾レンジャー | トップページ | 8/21 四季のガイドツアー「赤トンボの観察」;蓮尾レンジャー »

2011年8月16日

火曜日の森の楽校「セミの抜け殻調査隊&セミの標本作り!」報告:金久レンジャー

セミの抜け殻を見るとオス・メスが分かります!!

今週の森の楽校は、セミの抜け殻を集めて調べて、標本作りをしました。

みんなの協力で佃煮!?が出来るほどたくさん集まりました。
Photo

小学1・2・3年生対象 毎週火曜日の森の楽校
今週は;自由研究できちゃうよ;「セミの抜け殻調査隊&セミの標本作り」です。

調査に出かける前に、セミの事どこまで知っているかな?
アブラゼミの標本を使って、どっちがオスかメスかを聞いてみました。
「大きさが大きいからオス」     「頭の所がピンクだからメス」
「羽が黒っぽいからオス」      「お腹が大きいからメス」
「お腹が黒いからオス」       「お尻が大きいからメス」
と良く観察してくれましたが、ブブ~×です。

一目見ただけで分かるところがあるよと声をかけると、「あっオスは鳴くところだ!」。
そうです。セミはオスだけが鳴きます。
鳴く虫と言われる虫で、鳴いているのはオスで、メスは鳴きません。
分かってから見ると、鳴くための腹弁が大きく発達したのがオス。
メスは卵を産むので産卵管が発見できました。

この違いが、セミの抜け殻にもあるので、オス・メスが分ります。
「本当かな?」と半信半疑の子ども達と、森へ行く時の安全確認をしたら
調査に出発!!
Photo_2
*虫取り網使えるのは、バッタの原だけですが
今日は特別に森の中で網を使いました。
森の中での虫取り網の使用はできませんので、ご注意下さい。。

Photo_4
葉っぱの陰や高い枝についている抜け殻をどんどん集めて行きます。

Photo_3
セミヤドリガの幼虫を付けた、カナカナカナ♪と鳴くヒグラシも捕まえて
体に付いているセミヤドリガの数を数えて調査しました。
見たよのしるしのマークを付けて放しました。

Photo_7
休憩の後は、いよいよオスメスの判定です。
虫めがねを使って、一生懸命判別してくれました。
大半が、ヒグラシの抜け殻でした。

Photo_6
調べた抜け殻を標本にしました。

28人の子ども達が、良い目でたくさんの抜け殻を見つけてくれた結果
オスは168個 メスは136個 合計304個の抜け殻調査ができました。
(去年は8月19日に12人で調べて、オス51個 メス53個を確認)

約1週間の命をつなぐセミ達。
皆さんの家の近くで見つかるセミの抜け殻は、何セミかな?
オス・メスも調べてみて下さいね。

|

« 8/14 こども昆虫教室「初めての標本作り」;蓮尾レンジャー | トップページ | 8/21 四季のガイドツアー「赤トンボの観察」;蓮尾レンジャー »