« 臨時休園のお知らせ | トップページ | 四季のガイドツアー『雑木林の虫さがし』 報告:大作レンジャー »

2011年7月22日

7/22「朝の昆虫観察会」;蓮尾レンジャー

今日は朝から昆虫観察会を行いました。朝は昼と比べてどんな昆虫たちが観察できるでしょうか?

NC前の花壇にはもうだいぶ大きくなったジャコウアゲハがいます。結構大きいのですが、やはり昆虫たちはかくれんぼの達人!こどもたちはなかなか見つける事ができません、でも1匹見つけると、そのあとはたくさんの幼虫たちを見つけました。

次は隣の池にて観察です。上から見てもメダカやカエルたちは見つかりますが、昆虫はいるのでしょうか?網ですくってみると、エビみたいな生き物が!!これはエビではなく、ホソミオツネントンボのヤゴです。細くて一番後ろに3つにわかれたえらがあるのが特徴です。でも顔はしっかりトンボの顔をしていて、体には羽の小さいものがついています。

そのまま先に進んでいくと右に網がかかっていて、中をのぞくとバナナが入っています。これは牛久自然観察の森のスタッフがしかけた、バナナトラップという昆虫をおびきよせるトラップなのですが、今日は残念ながら何もいませんでした。

そのあとは道を挟んで左手にあるバッタ原に移動です。ここでは、バッタの大きいものや小さいもの、カマキリの子どもがたくさん見つかりました。みんなとても見つけるのが上手で、どんどん捕まえていきます。

Photo_4

Photo

バッタの原の次はコジュケイの林にいって、樹液のポイントを確認しにいきました。今日は気温が低かったせいか何も見つかりませんでした。でもせっかくなので樹液の匂いをかいで帰りました。とても独特な匂いで、一度かぐとなかなか忘れる事ができません。

Photo_2

Photo_3

最後はバッタ原にて、捕まえた昆虫たちを逃がして終了です。たくさんの昆虫たちを見つける事が出来ました。
今日で昆虫のいる場所、捕まえ方などがわかったかな?家の近くでもたくさんの昆虫たちがいるので、ぜひ探してみてね!!

|

« 臨時休園のお知らせ | トップページ | 四季のガイドツアー『雑木林の虫さがし』 報告:大作レンジャー »