« 定例バードウォッチング 報告:大作・木谷レンジャー | トップページ | 7/18 四季のガイドツアー「観察の森で身近な昆虫観察」;蓮尾レンジャー »

2011年7月17日

7/17 四季のガイドツアー「雑木林探険隊」;蓮尾レンジャー

今日の四季のガイドツアーは夏真っ盛りの雑木林を探険します。いったいどんな生き物達がでてくるのでしょうか?

NC前から出発してすぐ前にウマノスズクサという植物があります。この植物の葉っぱを、ジャコウアゲハという黒いアゲハチョウの幼虫が食べます。そして珍しいことに今は、このチョウの卵、生まれたての幼虫、成長した幼虫、そして蛹を観察することができます。これだけたくさんの形を見られるのは、今だけではないでしょうか?

Photo

チョウの観察が終わった後は、すぐ横のビオトープへ。ここにはトンボがよく来るので、トンボの取り方のレクチャー、トンボは飛ぶのがとても上手なので、トンボが止まっているときを狙い、前からではなく後ろから採るのがポイントです

次はバッタ原を通りコジュケイの林へ、下をよく見てみると力ブトムシの足や羽が転がっています。この林では力ブトムシはいるのですが、カラスが多いので生き残るのは難しいようです。

そして道を歩いているとアゲハチョウがとんできました。それを捕まえて今度はチョウの持ち方をレクチャー、チョウをもつときは羽ではなく、羽が付いている体をもつのがポイントです

Photo_2

最後に樹液のポイントを観察しました。今日はカナブンやクワガタがきていました。この暑い中あまり気にしていないようです。

そして最後はNC前で解散しました。暑い中本当にありがとうございました。

次回の四季のガイドツアーは明日の午前と午後です!お楽しみに♪

|

« 定例バードウォッチング 報告:大作・木谷レンジャー | トップページ | 7/18 四季のガイドツアー「観察の森で身近な昆虫観察」;蓮尾レンジャー »