« 全国訪問「おはなし隊」がやって来ました!報告:金久レンジャー | トップページ | 植生管理ボランティア コブナの流れ落ち葉かき »

2011年4月10日

4月10日 こども昆虫教室「昆虫のいる場所を探してみよう」;蓮尾レンジャー

今回は4月ということもあり、昆虫とはなんぞや!?を学んでから、バッタ原で昆虫採集を行いました。

最初に集まったレクチャー室では、初心に戻り昆虫とクモなどの生き物の体の違いを学んでいきました。

そのあとは場所を移動しバッタの原で、昆虫網の使い方の説明を行いました。昆虫網は葉っぱの上にいる昆虫や地面にいる昆虫で、網の使い方が変わります。

網の使い方を学んだあとで、自由に昆虫採集を行いました。チョウや甲虫なども見つかりましたが、昆虫以外にもウサギのフンやアマガエルたちがたくさん見つかりました。春の暖かさに誘われて生き物たちが、ぞくぞくと目を覚ましていますね。

Photo

Photo_2

おっと足元をみてみると、「ツチハンミョウ」がいました。この昆虫は、体長が3センチくらいで、体は青のメタリック色で、よくアリが大きくなった形といわれています。
この昆虫は強い毒があるので、気をつけましょう。しかし、こちらから何もしなければ毒もださず、綺麗でとても見応えのある昆虫です。

場所を移して、今度は観察舎に到着です。観察舎の前には、畑がありその一画に「バタフライガーデン」があります。
ここはチョウを呼ぶための特別な場所です。ここにある植物は、チョウが産卵するための植物や吸蜜をするための植物が植えてあります。今からたくさんのチョウたちが出てくるのでとても楽しみですね!

最後に次回連絡をして終わりました。次回は5月10日の日曜日に開催します。テーマは「カブトムシの幼虫を育てよう!」です。参加される方、少しでも気になった方お気軽にご連絡ください♪

|

« 全国訪問「おはなし隊」がやって来ました!報告:金久レンジャー | トップページ | 植生管理ボランティア コブナの流れ落ち葉かき »