« 3月19日(土)、20日(日)、21日(祝)開園します | トップページ | しぜんっこくらぶボランティア ジャガイモ植え:報告丸山レンジャー »

2011年3月26日

牛久自然観察の森 旬の百景「春のきざし」

最初に、この度の東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

牛久自然観察の森にも、春が近づいてきています。植物たちが芽吹き始め、春を告げるイチリンソウもだいぶ大きくなっています。

今日は春を告げる生き物や植物のご紹介です。まず今の時期しか見られないのが、ガマ合戦です。冬眠から覚めたアズマヒキガエルたちが、自分の子孫を残すために必死にメスを奪いあいます。そして見事メスを獲得し交尾出来たペアだけが、卵を残すことができるのです。

Photo

この写真は、牛久自然観察の森のネイチャーセンターの前にあるビオトープで撮られたアズマヒキガエルの卵です。

もうひとつが牛久自然観察の森の休憩スポットである観察舎の前には、ハナモモが8~9分咲き程で咲いています。ちょうどベンチの前で咲いているので、ハナモモを見ながらお弁当やお茶を飲みながら、休憩することができます。

Photo_2

※現在観察舎は、地震の影響で入ることができません。ご了承ください。

一日一日確実に時間は進んでいます。来るごとに新しい発見がきっとあります。ぜひ一度、春を感じに牛久自然観察の森に遊びに来てください。

|

« 3月19日(土)、20日(日)、21日(祝)開園します | トップページ | しぜんっこくらぶボランティア ジャガイモ植え:報告丸山レンジャー »