« 7分咲きです♪ 梅林☆開花状況 | トップページ | 梅林開花状況 »

2011年2月23日

植生管理ボランティア作業報告:渡邊レンジャー

日に日に、春の気配を感じるようになりました。
里山では、枯れ草の下で緑の芽生えが始っています。
さて、今回の作業はススキ原の草刈りです。
昔は、里山で萱場といわれ、萱ぶき屋根の材料をとるため、
毎年萱(ススキなど背の高い植物)を刈り取っていました。
Before_susuki_hara

また、草刈りだけでなく、ススキ原の手前の水路の改修も同時進行で行いました。
Before_suiro
アシ、セキショウなど水辺の植物が水路を覆っています。
Mizo_hori
スコップで泥ごと植物の根を掘り上げていきました。
今回は、取手から植生管理の研修で5名の方が参加してくれました。
Kari_harai
Kari_harai_2
Kari_harai3
牛久自然観察の森で刈払い機の講習を受けた皆さんです。
そして、刈った草を集めます。
Kusa_atume_2
Kusa_atume
Kusa_atume3
ほとんどがススキ、軽いですがとてもかさばり運ぶのも大変です。
Kusa_hakobi
この他、ススキ原の周囲の雑木の間伐も行われました。
開園から約20年の間に実生は大きくなり日陰をつくり、ススキ原は減り始めていました。
Kanbatu
今回の成果はこちら・・・
All
おまけですが、水路に間伐した木で橋をかけました。
Hasi_watari
ボランティアの皆さん、お疲れさまでした。
次回は、コブナの流れで県南農林事務所から講師をお呼びして間伐の研修です。
体調を整えて、無理せずに参加してくださいね。


|

« 7分咲きです♪ 梅林☆開花状況 | トップページ | 梅林開花状況 »