« 定例バードウォッチング 報告:大作レンジャー | トップページ | 牛久自然観察の森 旬の百景「色づく森」 »

2010年11月21日

四季のガイドツアー「色々な「中」をのぞいていみよう」

 普段は何気なく歩いている森の中でも、よく目を凝らすと色々な生き物がいます。今回のガイドツアーは森の「色々な「中」をのぞいていみよう」をテーマに歩いて行きました。

 最初にのぞいたのは、植物のカラタチの「中」です。この中を除くとアゲハチョウの蛹が、越冬をしています。近くの竹竿にジャコウアゲハの蛹も越冬していました。

Photo
大人の方も真剣です。

Photo_2
クロアゲハの蛹

Photo_3
ジャコウアゲハの蛹

アゲハチョウの仲間でもこんなに形が違うものですね。

 近くの池の水面を見てもメダカや葉っぱしか見えませんが、「中」をのぞいてみるとヤゴが隠れています。運が良ければ小さいゲンゴロウも見つかることがありますよ。そして、今回は何とカマキリに寄生するハリガネムシまでみつかりました。

Photo_4

 その後、コムラサキの丘、観察舎を通ってコブナの流れに到着。ここでは落ち葉の「中」にカブトムシの幼虫がいました。冬を越すためにこんなに丸々と太っています。冬対策は万全!?

Photo_5

 普段見慣れているものでも、よく観察すると色々なことに気付けて面白いですよ。次回の四季のガイドツアーは木谷レンジャーによる「ドングリの木の不思議」です。お楽しみに♪

|

« 定例バードウォッチング 報告:大作レンジャー | トップページ | 牛久自然観察の森 旬の百景「色づく森」 »