« 5/23 初夏の昆虫探し:蓮尾レンジャー | トップページ | 森のマタニティーサロン開催しました!:丸山レンジャー »

2010年5月26日

植生管理ボランティア「コブナの流れ」作業報告:渡邊レンジャー

雨天のため、一か月ぶりの作業となりました。
コブナの流れのアズマヒキガエルのオタマジャクシも上陸しました。
シラカシも新芽が出て、古い葉がどっさりと落ちました。
いざ、1年ぶりの水辺の手入れです。
コブナの流れの落ち葉や泥をかき出し、水辺を草刈りしました。
100526all


コブナの流れは、カッパの沼へ注ぎこんでいます。
そこから手入れが始まりました。
100526mizoume
まず、大きな岩と岩の間の溝を埋めていきます。
この後、流れをさかのぼって、落ち葉や枝を取り除いていきます。


100526suiro_otibakaki
100526suiro_otibakaki2
100526suiro_otibakaki3
かき出した落ち葉と泥には、貝などの生き物がまぎれこんでいます。
そのため、しばらくはこのままにしておくと、生き物が水辺へ戻ってくれるはずです。
この泥かきの間に、水辺沿いの草刈りも行われました。
100526kusakari
この最中、刈り払い機で草を刈った場所から大きなハチが飛び出てきました。
黒くて丸いハチは、「クマバチ」でした。
スズメバチほどの危険はありませんが、刺されることもあるので
この場所は、草刈りを中断しました。
100526hatinosu
写真の右手の土の中に巣があったようです。
しばらくは、コーンとバーで囲んで入れないようにしました。
ボランティアの皆さんが刺されずにほっとしました。
さて、次回はコブナの池の泥さらいです。
ボランティアの皆さん、よろしくお願いいたします。


|

« 5/23 初夏の昆虫探し:蓮尾レンジャー | トップページ | 森のマタニティーサロン開催しました!:丸山レンジャー »