« 「森でランチ♪」春だよ!春だよ!報告:金久レンジャー | トップページ | 開園20周年記念主催行事「センス・オブ・ワンダー講演会」開催しました:丸山レンジャー »

2010年3月13日

里山ビギナーズ 竹でご飯を炊きました:渡邊レンジャー

今年度、最後の里山ビギナーズでは、間伐した竹を使ってご飯を炊きました。
近年、竹がほとんど使われなくなり、はびこってしまいました。
Take_sinsyoku
このまま放っておくと、木々の根の間に竹の根が浸食し、
いずれは木々が倒れることになります。
そこで、木々を守るために竹を間伐しています。

まず、竹を伐り倒し、節を残すように切っていきます。
Takekiri
Takekiri2
切った竹に、浅く切り込みを入れ、ふたを開けます。
Katekiri3
そして、節の中にお米と水を入れ、ふたをして網の上に置きます。
Take_gohan
そして、網の下で杉の葉や枝燃やします。
この際、近くの杉林から落ち葉葉や落ち枝を持ってくるのですが、
杉林の手入れをすることにもなります。
Kake_gohan2
さあ、ご飯が炊きあがったようです。
Take_gohan4
こうして、一つ一つ竹ごとに違う味のするご飯ができました。
途中で水をこぼしてしまったものもありますが、それはそれ、おこげのように仕上がりました。
Take_gohan5
「ご飯がこんなにおいしいなんて!」と参加者は、きれいにご飯をたいらげました。
さて、ご飯を炊いている間にお花炭も作りました。
Take_sumi1
網に乗っている缶には、杉の葉や栗のイガが入っています。
Take_sumi2
出来上がりはまずまず、黒く光沢のある炭が出来上がりました。
参加してくれた皆さん、すっかり燻されお疲れさまでした。
今年度はこれで終了しますが、まもなく4月からの里山ビギナーズの募集開始します。
興味のある方、牛久自然観察の森までお電話ください。


|

« 「森でランチ♪」春だよ!春だよ!報告:金久レンジャー | トップページ | 開園20周年記念主催行事「センス・オブ・ワンダー講演会」開催しました:丸山レンジャー »