« 開園20周年記念主催行事「センス・オブ・ワンダー講演会」開催しました:丸山レンジャー | トップページ | しぜんっこくらぶ「森の春まつり」開催しました:丸山レンジャー »

2010年3月17日

植生管理ボランティア作業報告:渡邊レンジャー

コブシの花が咲き出す季節となりましたね。
牛久自然観察の森は、4月1日から敷地が約1割広くなります。
広くなるのは、駐車場の南側の林で、タヌキの林と名づけられました。

その中のクヌギの大木のあたりに広場ができました。
どんぐり広場です。ここに、間伐材でベンチをつくるのが今日の作業です。
Hakobu1_2
まずは、材料の杉を運びます。
タヌキの林の造成の際に間伐された杉です。
そして、鎌やナタで皮をはいでいきます。
Kawamuki1

Kawamuki2
皮をむいた杉の一部をチェーンソウで刻み丸太の足にします。
Kizami
出来上がった足に丸太を置きます。

Kumitate_mae

出来上がりはこちら、7つのベンチがあっという間に出来上がりました。
Dekiagari
この作業と並行して、むいた皮や落ち葉などを運び、きれいな広場となりました。
Hakobu3

さっそく、みんなで座って記念撮影です。
All_2
ボランティアの皆さん、今日もお疲れさまでした。
次回、3月24日もよろしくお願いいたします。

|

« 開園20周年記念主催行事「センス・オブ・ワンダー講演会」開催しました:丸山レンジャー | トップページ | しぜんっこくらぶ「森の春まつり」開催しました:丸山レンジャー »