« 植生管理ボランティア作業報告:渡邊レンジャー | トップページ | 植生管理ボランティアは、普通救命講習:渡邊レンジャー  »

2010年2月19日

しぜんっこくらぶ「春の息吹を感じよう」を開催しました:丸山レンジャー

100219sz1


今朝は吐く息がとっても白かったですね。
寒くても元気なしぜんっこくらぶの子どもたちは
元気に森を楽しんでくれました。

今日のメインは七草粥をつくってみんなで食べること。
旧暦でいうと、20日明日が七草です。セリ、ナズナ、オギョウ、ハコベラ、
ホトケノザ、スズナ、スズシロこれで七草です。
雑草と呼ばれるけれど、食べられる野の草ですね。
セリは子どもたちにはまず、好評。
それ以外はいまいちの表情。
「オギョウはさわるとふさふさしているねー。」

観察舎までは冬芽の様子を見ながら歩きました。
きれいな若葉が芽吹きだしているニワトコ、
いっぱい顔が並んだアジサイがよくわかったようです。

観察舎についたらわらべうたとともに、
子どもたちはお母さんと一緒に「トトトン」
と包丁で草を刻みました。

100219sz2


そのあとは出来上がるまで、少しお散歩。
冬ならではの昆虫の様子を見て驚きの表情です。

出来上がった七草粥をお腹いっぱい食べて満足!
100219sz3


今日の絵本は「ふゆめがっしょうだん」福音館書店
「にんじんとごぼうとだいこん」すずき出版
その後に、先月のならせもちを揚げ餅にして
山ちゃんがだしたら、お腹いっぱいのはずなのに
子どもたちはいきおいよく食べてびっくり。
てのひらにのせて口の中へ押し込んでいる姿は
とてもかわいらしかったですよ。

来月は今年最後のしぜんっこくらぶです。
また元気な姿で森に遊びにきてね!

|

« 植生管理ボランティア作業報告:渡邊レンジャー | トップページ | 植生管理ボランティアは、普通救命講習:渡邊レンジャー  »