« 里山ビギナーズ「親子里山体験講座」:渡邊レンジャー | トップページ | しぜんっこくらぶ「野原でこんにちは」行いました:丸山レンジャー »

2009年4月15日

植生管理ボランティア活動報告  齊藤レンジャー

平成21年度植生管理ボランティア 第2回
活動時間:4月15日水曜日午前9時〜11時30分 
参加者:8名(うち5名がボランティア)報告です

「タケノコの林」での活動は前々回、前回に引き続き3回目、いよいよ大詰めです。
温かいというよりは汗ばむ陽気の中での作業、さあ、まずは各位にあの道具が配られました。

前回(4月8日)の活動ではシュレッダー(チッパー)が話題になりましたが
今回の注目は、そうです、竹専用ノコギリ
前回の反省を活かして、刃の交換も終えての活動です。


Imgp4672

密生した竹林に入り、まずは枯れているもの、折れてしまっているものを伐り出します。
続いて、間伐したものを林の外に運び、朽ちさせるために順序よく載せていきます。


Imgp4673

竹林の整備には色々な手法がありますが、観察の森ではこのようにして
間伐した竹材をその年ごとに積み重ねていき、概ね3年ほどで朽ちてしまうのを待っています。


Imgp4684

試行錯誤を積み重ねながらの作業、竹の持つ生命力の強さや、美しさに魅せられつつの2時間は
あっという間に過ぎていきました。
休憩中の会話では、植生管理ボランティアに参加しているメンバーの皆さんの中に、実は地域でも
竹林の整備ボランティアに参加されている方が居た事も判明、身近な所でも
竹林の再生は重要な話題になっていることを再認識しました。

次回は4月22日(水)9:00−11:30、市内の里山環境の調査第1回目となります
まだ植生管理ボランティアに登録されていない方で、活動にご興味のある方は
ネイチャーセンター(わたなべ&さいとう)まで事前にお申し込み下さいね.
皆様のご参加お待ちしています!

|

« 里山ビギナーズ「親子里山体験講座」:渡邊レンジャー | トップページ | しぜんっこくらぶ「野原でこんにちは」行いました:丸山レンジャー »