« 北本自然観察公園に研修に行ってきました!/中島レンジャー | トップページ | こども星見隊報告:渡邊レンジャー »

2008年8月21日

森の楽校「セミにおんぶ・だっこしている虫って?」    金久レンジャー

「セミに おんぶ・だっこしている虫って?」どんな虫だと思いますか?
題名通り、セミのお腹や背中に、くっついている虫がいます。

「え~っ 本当??」と言う子ども達の声が、上がりました。
その虫は、どんな姿をしているのか、みんなで紙に予想図を描いてみました。
「アリみたいなのかな?」
「ミミズのように長いの?」
「ハエかもしれない」。と色々な予想が出ました。
K2


さて、その虫の正体は、、
セミヤドリガと言うガの幼虫で
ヒグラシの体に寄生していることが多いそうです。

宿り主であるヒグラシが弱らないようにセミヤドリガの幼虫は
セミの体液をちょっとづつ吸い、大きくなると糸を伝って
セミから離れ、繭を作り羽化してガになります。

セミヤドリガの幼虫の紹介が終わった所で
今日のメイン調査へ出発!
スギ林でヒグラシをつかまえてセミヤドリガの幼虫の数を調べました。
K1

はじめは、「ちょっと苦手」と言っていた子ども達も
白く、ふわふわでコロコロしたセミヤドリガの幼虫を
かわいいとの感想が。
また、「寄生されたセミは、どう思っているのかな?」と
セミの立場で考えたお友達もいました。
みんなの家の周りのセミはどうかな?調べてみてね。


明日の森の楽校は、山ちゃんレンジャーの「昆虫模型を作ろう!」です。
どうぞお楽しみに!!

|

« 北本自然観察公園に研修に行ってきました!/中島レンジャー | トップページ | こども星見隊報告:渡邊レンジャー »