« 森の楽校「セミにおんぶ・だっこしている虫って?」    金久レンジャー | トップページ | 今日のガイドツアー/中島レンジャー »

2008年8月23日

こども星見隊報告:渡邊レンジャー

夏の「こども星見隊」は、月と木星を観察の予定でした。
当日の夜は、あいにくの雨空となってしまいましたが、
初めて「プラネタリウム」がお目見えしました。
まずは、田中千秋さんの天体望遠鏡や、星の写真を織り交ぜながらの楽しいお話です。
星座や星団、宇宙のことなど、こどもたちはもちろん皆さん目をキラキラさせて聞き入っていましたよ。

そして、いよいよ「プラネタリウム」登場!
無数の星たちを見ながら、星座あてクイズです。
配られたカードには、蓄光ペンで星が光るようになっています。
ひとつひとつ手で印をつけた手作りのカードです。
こどもたちは、すかさず先ほど覚えた星座を当てていました。

今回は、本物の星は見られませんでしたが、冬はぜひ見られることを祈って終了しました。
ボランティアをはじめ、スタッフの皆さんお疲れ様でした。

|

« 森の楽校「セミにおんぶ・だっこしている虫って?」    金久レンジャー | トップページ | 今日のガイドツアー/中島レンジャー »