« 「森でランチ♪」報告/金久レンジャー | トップページ | 植生管理ボランティア報告:渡邊レンジャー »

2008年6月 8日

今日のガイドツアー/上條レンジャー

梅雨に入って蒸し蒸ししているこの頃ですが、
森の生きものたちは今日も元気です。
鳥たちにしてみれば、ヒナが巣立ちを迎える大切な時季。
子作り第二弾に入るカップルもいるようで・・・
今日のガイドは「初夏の野鳥観察」がテーマでした。

今回の「野鳥観察」は私、上條レンジャーが担当しましたが、
知識も経験も、実は地元の皆さんの方が豊かです。
ですので、
4月からの鳥たちのおおまかな動向や今の様子は私から、
昔はどこに何がいたかやここ数年の鳥の様子は参加者から、
鳥の詳しい解説も詳しい参加者から、
今日一日の鳥の動きは今日その場にいた写真家の皆さんから、
という、私にとってもありがたいガイドツアーとなりました♪
皆様ご協力ありがとうございます♪


一週間ほど前、カワセミの幼鳥が池へやってきている姿が確認されましたが、
写真家の皆さんからの情報によると、
もう一人でエサをとれるようになっているそうです。
そして親たちは第二期子作り奮闘中。

ガイドの時は、コムラサキの丘の池に、1羽のメスが長いことたたずんでいて、じっくり観察しほうだいでしたよ。


今年の森はカラスが多くて紛れがちですが、
注意していると コゲラ、メジロ、ウグイス、シジュウカラ・・・ 朝はオオルリだって、鳴いています。
これって警戒の声? 家族を呼ぶ声? 愛を語る声?
森の鳥たちは森に来る皆に見守られています。
森にくれば、レンジャーをはじめ、色んな人から鳥の近況を聞く事が出来るでしょう☆
いつでも遊びにいらしてください。


さて、次回のガイドツアーは6月15日(日)14:00~15:00「トンボを探そう」です。
お楽しみに!

|

« 「森でランチ♪」報告/金久レンジャー | トップページ | 植生管理ボランティア報告:渡邊レンジャー »