« 森のクラフト教室/上條レンジャー | トップページ | 新緑の林で/上條レンジャー »

2008年5月 4日

地元学講座 お茶作りに挑戦! 渡邊レンジャー

若葉に囲まれた観察舎前にて、「地元学講座ーお茶作り」が行われました。
地元学とは里山に受け継がれてきた農作業を通じて地元を見つめ直そうという試みです。

さて、お茶作りですが夏も近づく八十八夜、といえば毎年5月2日前後です。
今年は、ほぼ八十八夜にお茶摘ができました。

石神園長の昔の里山、そしてお茶作りのお話を聞いてお茶作りが始まりました。

まず、お茶の若芽を摘んでいきます。
ボールに3杯分摘んで、蒸し器でひとつかみ分づつ、約1分間蒸していきます。
この瞬間、なんともいえない若葉の香りがします。
この後は、蒸した葉を両手で挟み、揉んでいきます。
0805041

そして、炭火の上に鉄板を置き、紙をひいて、その上で乾かしていきます。
0805042

この揉んで乾かすを続けていくと、しんなりしていたお茶葉が粘るような感じになり、
それからぼぞぼそになり、カラカラになり、いつの間にかお茶らしくなりました。
0805043
さて、お味はというと、さわやかでほろ苦いさっぱりしたお茶になりました。
努力のかいあって、一口分のお土産ができました。
参加した皆さん、お疲れ様でした。


|

« 森のクラフト教室/上條レンジャー | トップページ | 新緑の林で/上條レンジャー »