« 植生管理ボランティア活動報告/中島レンジャー | トップページ | ガイドツアー「新緑の植物観察」報告/上條レンジャー »

2008年4月26日

自然なんでも探検隊活動報告/上條レンジャ-

4月26日、今日は小学生対象の自然なんでも探検隊の活動がありました!
今年で15年目のこの企画、第84回のテーマは「春の生きものハイキング」♪

今年度初の活動ということで、リーダーの自己紹介の後
隊員のみんなも一人ずつ自己紹介をしてから野外の活動へ出かけました。

Imgp2850

まず挑戦した事は、フクロウの巣立ちを応援するための保護区づくり(杭打ち&ロープ張り)
毎年ゴールデンウィーク頃には、巣立ちの時季をを迎えたフクロウのヒナをひと目見ようと多くの人が園を訪れます。
来園者の皆さんが巣箱に近寄りすぎてフクロウを怖がらせないように適切な距離を保って巣立ちを応援するための対策です。
探検隊の皆で協力して、立派にロープが張れました。
これでフクロウも安心して巣立てることでしょう。

Imgp2877_2次に、中島レンジャーから双眼鏡の使い方を教わって
バードウォッチングングをしながら園路を歩きました。
ホーホケキョ♪
ツツピーツツピー♪
ギー♪
声は聞こえど姿は・・・
時々垣間見える姿を双眼鏡で捉えようと皆は真剣になっていました。
今回で皆、双眼鏡の扱いはバッチリになったね!?

観察舎の周りでお弁当を食べて
けんだまや草遊び、カブトムシの幼虫探しなどをゆっくり楽しんだ後は
森の周りの田んぼを流れる水路で生きもの観察!
ほとんど昔の水路そのままだから、色々な生きものがいました♪
Imgp28912
ザリガニ、ドジョウ、
ヤゴ、タイコウチ、
シジミ貝、タニシ、
アマガエル、トウキョウダルマガエル、
それから見慣れない魚・・・ 
図鑑で調べて、ヨシノボリかな?という結論に行き着きました。
一人一つ網を持って、自分で生きものをとって、触って、観察して、という活動が、全員面白くてたまらない様子でした。
初めてタイコウチを見た!と目を輝かせた隊員もいましたよ。

保護区作りも、バードウォッチングも、水路の生きものも、牛久のこの場所だからこそできることだと思います。
隊員の皆にとっては、今は、単に「面白かった」という感想で終わる体験かもしれないけれど、
「結構貴重な体験だったかも」とずっと後になって気付くのではないでしょうか。
皆イキイキと笑って、楽しい時間だったなあ。
今日参加した皆とも、これから参加する皆とも、いっぱいいっぱい自然体験して遊びたいな!と思う上條でした。

|

« 植生管理ボランティア活動報告/中島レンジャー | トップページ | ガイドツアー「新緑の植物観察」報告/上條レンジャー »