« 早春の花が咲きだしました。 | トップページ | コブナの流れがきれいになりました。 »

2008年2月27日

オトシブミの林の手入れそのあとに・・・渡邊レンジャー

散歩をしていて、ふと風景が変わったと思うときがありませんか?
先日の強風のため、観察の森の中で倒木がありました。
幸いにも、園路に倒れた木はありませんでしたが、
「あれこんなに木が傾いていたかな?」と思われる場所が、何ヶ所かありました。
まさに風景が変わってしまったのです。

さて、本題の「オトシブミの林」の手入れですが、
今回は植生管理ボランティアの皆さんと総勢8名で、「オトシブミの林」の草刈と落葉かきを行いました。
0802271
0802273


観察舎から見ると、南側の林の見通しがよくなったと感じることでしょう。
観察舎からの園路沿いの草が刈られ、きれいに落葉をかいたあとが、
「あれなんだかすっきりした」と思われることでしょう。

0802272
0802274
自然の力ではなく、人の手が変えた風景です。
そして、ただすっきりきれいにしたのではなく、草を刈り落葉をかいたそのあとに、
暖かくなると長い間眠っていた種がめをさまし、花を咲かせるのです。
その前に、落葉の下の虫をついばみに鳥たちが集まってきます。
そんな「里山の手入れのそのあと」を、ぜひ見守って下さい。

次回は、3月5日「コブナの流れ」沿いの草刈りです。
ボランティアの皆さん、次回も観察の森の手入れがんばりましょう。
よろしくお願いします。

|

« 早春の花が咲きだしました。 | トップページ | コブナの流れがきれいになりました。 »