« 小鳥のバッジ作り:中島レンジャー | トップページ | 植物保全(保護)ボランティア「スギ林に挑む!」第2弾:村中レンジャー »

2007年8月19日

ガイドツアー『森の夏を探す!』:村中レンジャー

ガイドツアー『森の夏を探す!」を開催しました.
9月までは11:00~12:00に行います.

皆さんにとって,「夏」ってなんでしょうか?
「夏」はスイカ? それともかき氷?
いやいや,残念ながら森の中にスイカもかき氷もありません.でも,森の中には夏の風物がいっぱいあります.

セミは夏の昆虫の代表格です.
観察の森には,いまニイニイゼミ,ヒグラシ,アブラゼミ,ミンミンゼミ,ツクツクボウシの5種類のセミが鳴いています.聞き分けられるかな? 種類によって鳴く時間帯が異なるのでよく観察してみましょう.

暑い盛りに開花する植物はあまり多くありません.それでも,クサギ,ミズタマソウなどの花が観察されました.
でも,コムラサキの丘や観察舎の周辺では,ヤマハギ,ワレモコウ,ツリガネニンジン,クズなどの秋を告げるような花も咲き始めました.植物の世界はもう秋なのでしょうか.

それでも気候はまだ夏.暑い盛りです.クズの葉を見てみましょう.
日陰のところの葉は大きく開いていますが,日当たりのよいところの葉は閉じています.葉っぱのお昼寝と呼ばれていますが,葉っぱにとっても暑すぎるのです.葉にとって光が多ければよいというものでもありません.暑さを回避するため,日中は耐えることに徹しているのです.

真夏は植物も昆虫もお休みすることがあります.皆さんも暑い時間帯はお昼寝して熱中症にかからないように注意しましょう.ただし,夕方にはちゃんと起きること!

|

« 小鳥のバッジ作り:中島レンジャー | トップページ | 植物保全(保護)ボランティア「スギ林に挑む!」第2弾:村中レンジャー »