« ガイドツアー『森のお昼寝』:村中レンジャー | トップページ | 森に妖精がいっぱい?渡辺コーディネーター »

2007年7月19日

花日記「ヤマユリ」:村中レンジャー

園内はヤマユリが満開になりました。
Photo_8

花の近くに寄るとユリらしい良い香りがします。でも、あまり近づきすぎると、、、花粉が顔に付いてしまいますよ。花粉には粘りけがあり、一度くっつくとなかなか取れません。花の重みで倒れているものを見かけますが、起こさないでくださいね。

花のあとには果実、タネができます。その際には、他の個体の花から花粉がもたらされることが必要です。大型の蝶、主にアゲハチョウがその役割を担います。でも、時には、小型のハナバチなどが潜り込んで蜜を盗んでいることもあります。

花粉がもたらされなかったらどうするのでしょう。
Photo_9

今日、園路を歩いていると、咲き始めたばかりのヤマユリの花を見つけました。なんと、雄しべの葯と雌しべの柱頭が同じ高さにあってくっついているではありませんか! はっきりしたことはよく分かりませんが、運ばれてこなくても自分の花粉を付けてなんとかタネをつくろうとする「保険」なのでしょうか。他の花からも花粉がもたらされれば、それを選択するための生理的な機構がはたらくと思われます。

美しいヤマユリの花、咲き始めから花の終わりまで、日々刻々と様子が変わります。じっくり観察してみてはいかがでしょうか(トトロ)。

|

« ガイドツアー『森のお昼寝』:村中レンジャー | トップページ | 森に妖精がいっぱい?渡辺コーディネーター »