« ヒキガエル活動開始!:上野レンジャー | トップページ | とっておきの春祭りー草もち作り:渡辺レンジャー »

2007年3月11日

四季のガイドツアー『春の昆虫さがし』:若レンジャー

今日のガイドツアーのテーマは『春の昆虫さがし』です。
今シーズンの冬は記録的な暖冬ですが、虫たちには暖かい冬は過ごしやすかったのかな?
昼にはすっきり晴れましたが、前日から降り続く雨の影響がとても心配。
それでも、元気に昆虫探しに出発です。

暖かくなると、虫達も「そろそろお布団からでようかなぁ〜」と地面のしたから朽ち木の中からもぞもぞと出てきます。
そんな虫達はこれからどんな目標をもって過ごすのでしょうか?
そこで、ちょっと参加されたお客さんに、今年の抱負を聞いてみました。
みんな三日坊主で終わってないかな?
ちなみに僕の今年の抱負は「面倒くさいと言わない」です。
もともと怠け者の若レンジャーなので、だらだらしないで今年ももっともっとがんばるぞ!
お客さんからは、健康の為ウォーキングを続けるぞ、なんて声も聞こえました。

それでは、ネイチャーセンター前のスミレの保護エリアから観察スタート。
天気は晴れたとはいえ、地面はまだまだびしょびしょに濡れていてあまり生き物は居ませんでしたが、アリたちが、自分の体よりも大きな葉っぱなどを巣に運び込んでいました。

さらにバッタの原へ観察に進むと、ギシギシの葉っぱになんとコガタルリハムシがびっしりとついています。せっかく伸びた若葉もあっという間に穴だらけになっていました。
コガタルリハムシはとても早起きですね。

今、正門横にあるコブシの木が見事な花を咲かせ始めました。
この花はとっても良い香りがするので、虫たちも集まってないかな?と観察してみました。
でも、いい香りに誘われて集まって来たのは、虫たちよりも人間でしたね。

最後にカブトムシの幼虫を観察して、虫ではありませんが、ビオトープに産まれたヒキガエルの卵を観察しました。
今回はちょっと条件が悪くあまり昆虫を観察する事は出来ませんでしたが、ふと足下を見ればスミレが咲いていたり、ヒキガエルの卵を見れたりと、確実に季節は進んでいます。
あっという間に森の中は虫たちでにぎやかになりますので、昆虫好きな方はどんどん森へ遊びに来てくださいね。

|

« ヒキガエル活動開始!:上野レンジャー | トップページ | とっておきの春祭りー草もち作り:渡辺レンジャー »