« 第76回自然なんでも探検隊:加藤レンジャー | トップページ | 新しい家族:若レンジャー »

2007年1月30日

森林育成ボランティア第6弾:渡邊レンジャー

晴れの日が続く森林育成ボランティアの報告、第6回目をお伝えします。
この日の現場は、観察舎の南にあるオトシブミの林です
ここは、観察の森になる前、約20年近く手が入れられていませんでした。
そして、その前は江戸時代と変わらぬ松林だったと地元の方からお聞きしました。
今ではすっかり松も枯れ、誰が植えたわけでもないのに様々な木々が生えています。
0701235
0701234

さて、今日の主な作業は草刈と落葉かきですが、途中「ノウサギ」が通りかかるやら、眠っていた「アマガエル」を起こしたり、落葉の裏に隠れていた「キチョウ」を見つけたり、雑木林の生きものとの出会いがたくさんありました。

森林育成ボランティアで、これまで作った「落葉のケーキ」は20個近くになります。
来年の今頃はきっと、この中にカブトムシやらたくさんの生きものの住みかになっていることでしょう。
今から本当に楽しみです。

0701233_1

|

« 第76回自然なんでも探検隊:加藤レンジャー | トップページ | 新しい家族:若レンジャー »