« 僕らだって動けるよ!:若レンジャー | トップページ | 森林育成ボランティア第6弾:渡邊レンジャー »

2007年1月27日

第76回自然なんでも探検隊:加藤レンジャー

今日は昨日の雨で森も少ししっとりした朝を迎えました。今日の探検隊は「自然素材で冬を乗り切る」というテーマで始まりました。さて、昨日の雨は探検隊をどんな探検に導いてくれたのでしょうか・・・
 朝残念なお知らせをしなければならない加藤レンジャーは少し憂うつでした。本当はみんなで基地作りをして暖をとりたかったのに、「雨上がりでは木々が水を吸うので忙しいから基地作りには賛成できない」との森の声が聞こえた気がしたのです。Tt01_1

朝は気持ちを入れ替えて、ネイチャーゲームをしました。『コウモリとガ』というゲームではみんなしぶといガの逃げ方をうまく表現できていて、周りでみているみんなもコウモリの気分で応援しました。Ttasobi
バードウォッチングではもこもこ暖かそうな毛をまとった鳥さんを双眼鏡でしっかり観察しました。コムラサキの池で水鳥たちが日向ぼっこしていました。


もしかしたら・・・。
お昼にバッタの原についた時、ふと寝転がった隊員をみて確信しました!もしかしたら基地作りができるかもしれない。
一日外にいた探検隊、お昼ごはんの後は葛湯を飲み体を温めました。Ttkuzuyu


そして、、ついに基地作りが始まります!
今回の基地はヤブ笹を使い支柱の木に立てかけるタイプです。基地を作る事が森の手入れにもつながるのです。森はそのつながりを感じて基地作りに賛成してくれたのかもしれません。Ttkiti_1
森で絵を描いたことはありますか?探検隊は基地を囲んで心で絵を書きました。森の絵かきには上手い下手はありません。感じたものを自分の納得いくままに描きます。葉っぱをつかったり、土を使ったり、、みんな想い想いの作品を作りました。Ttegaku

その絵を基地にはりつけ今日のみんなの探検は終わりました。
今度集まるときは早春の中であつまれますように。

|

« 僕らだって動けるよ!:若レンジャー | トップページ | 森林育成ボランティア第6弾:渡邊レンジャー »