« 森林育成ボランティア第3弾:渡辺C | トップページ | キレイさっぱり!:若レンジャー »

2006年12月24日

ガイドツアー『初めての野鳥観察』:上野レンジャー

野鳥たちともう少しだけ身近な関係になれたら楽しそうだと思いませんか?
でも、具体的にどうしたらいいのかわからない・・・
今回は、そんなバードウォッチング初心者のために、基本的な鳥の特徴や探し方などをレクチャー。

まずは、見通しのいい原っぱで鳥探し。
地面でエサを探すツグミ、木の上でちょんちょん飛び回るヤマガラ、カケス、シメ・・・
この日は条件がよかったのか、短時間で多くの鳥たちの行動を観察できました。

森の中では、ルリビタキや小さなカラの混群など、
次々と愛らしい鳥たちに遭遇。
その姿を目で観察するだけでなく、耳でじっくりと鳴き声を聞く
“バードリスニング”にも集中してみました。

今回行ったのは、ただじっと鳥を観察して、鳴き声を聞いて、
その行動や生活を想像するということ。
何も難しいことはしていません。
身近な野鳥たちのこと、ちょっと気にしてみるだけで、
親しくなれるチャンスは意外とたくさんあるのかもしれません。
参加者の皆さんに、鳥たちが喜ぶエサ台や水場の作り方などを書いた
『鳥のレストラン』の資料をプレゼントして、ガイドツアーは終了となりました。

|

« 森林育成ボランティア第3弾:渡辺C | トップページ | キレイさっぱり!:若レンジャー »