« 鬼が笑う:若レンジャー | トップページ | 熱々いも煮会&冬のクラフト作り:渡辺C »

2006年12月10日

ガイドツアー「初めての野鳥観察」:若レンジャー

今日は、朝から曇り空の気分が重たい天気でしたが、昼近くには12月とは思えない日差しが出た変わった天気でした。
こんな天気の変わり目には、鳥達が一斉に動き出し、森の中でも沢山の鳥を見る事ができます。
そんな今日のガイドツアーは「初めての野鳥観察」
普段はネイチャーセンターの前から皆さんを連れ、森の中を案内するのですが、今回は、森にいる皆さんに僕が回って行き、その場でガイドをしました。

バッタの原では、エゴノキに相変わらずヤマガラが来ています。
そこに、通りすがったお客さんに望遠鏡で見せてあげると、大喜び!

森の奥に進むと、カケスとヒヨドリがジャージャー、ピーヨピーヨと鳴きあってます。
コムラサキの池の近くでは、シメもいました。

十字路では、なんと大クヌギに付いている虫コブをコゲラがつついているじゃないですか!
よく枝づたいに登ったり降りたりする姿は見掛けますが、虫コブの中の虫を食べる光景は初めて見ました。虫コブをつついている間はあまり動かないので、絶好の観察チャンス!
望遠鏡を合わせると、丁度お客さんが何人も歩いてきたので、皆さんに見て頂きました。
キツツキの仲間がこんなに近くにいる事にも皆さんびっくり!
羽根の柄も白と黒の縞模様がはっきり見えるので、みなさん興奮気味です。

つづいて観察舎では、スギの木のてっぺんに留まるカワラヒワを見つけました。
留まっているとあまり目立たない鳥ですが、飛ぶと腰と羽根の黄色が目立つ奇麗な鳥です。
遠いところにぽつんと留まっているので、みなさん良く見つけたなと驚かれていますが、木のてっぺんは観察のベストスポット。
見慣れるとすぐ鳥達を見つける事が出来るようになります。

今日は続けて鳥を見れたラッキーなお客さんもおり、身近なところにこんなに多くの種類の鳥を見る事が出来て驚かれていました。
普段は鳥と言えばカラスとスズメぐらいしかいないだろうと思われがちですが、庭先に来る鳥だけでも4,5種類。渡りの鳥達をいれればもっと数は増えます。
実際、僕の母親も庭に来ているシジュウカラを見て、「寒くなったから来たのかな?」と言っていたので、「夏の間もちょくちょく来てたよ!」と、ちょっと納得いかない様子でしたが、教えてあげました。
本当に少し鳥をみてあげるだけで、「あれ?スズメじゃない鳥が来てるな。」と気がつくと思いますので、息抜きがてらに外を見たら、鳥も一緒に見てあげてください。

来週の日曜日1月17日は午前9時〜11時に定例探鳥会が開催されています。
初めての方でも参加出来るバードウォッチングですので、ぜひご参加ください。
どんどん鳥を見つけて、紹介してくれるので、すぐに鳥を好きになれますよ!

|

« 鬼が笑う:若レンジャー | トップページ | 熱々いも煮会&冬のクラフト作り:渡辺C »