« ガイドツアー「初めての野鳥観察」:若レンジャー | トップページ | ゲンジボタル保護ボランティア:若レンジャー »

2006年12月15日

熱々いも煮会&冬のクラフト作り:渡辺C

昨日からの雨も上がり、まぶしい日差しをあびて、しぜんっこくらぶが行われました。
20組の親子は、元気いっぱい寒さに負けずに集まりまってくれました。
まずは、ネイチャーセンター前で冬のクラフト作りのため落葉ひろい。
山桜の葉が、いつになく美しい赤に染まっています。
お次は、杉っ葉ひろい。これは、おいしいイモ煮の燃料になります。
山盛りに杉っ葉を集めたのですが、昨夜の雨のためなかなか火がつきません。
ボランティアの、柴垣さん、黒田さん、丸山さんが必死で燃やし続けてくれました。

イモ煮が出来上がるまでの間、冬のクラフト作りをしました。
厚紙に、ヒノキの葉を貼ると、クリスマスつりーの出来上がり。
そこに、いろいろな葉や実を飾りつけていきます。

とってもおいしいイモ煮を食べた後は、ボランティアの平山さんの手遊び、と丸山さんの絵本の読み聞かせ。
皆さんお疲れ様でした。

来年のしぜんっこくらぶは、1月8日(祝)「ならせもち作りに挑戦!」です。
ただいま電話で、参加者募集中です。
ぜひ、ご応募ください。

|

« ガイドツアー「初めての野鳥観察」:若レンジャー | トップページ | ゲンジボタル保護ボランティア:若レンジャー »