« もう寒くなるよ・・・:若レンジャー | トップページ | ジャパンバードフェスタ1日目:若レンジャー »

2006年11月 3日

『知ってビックリ!植物の知恵』:上野レンジャー

ぽかぽか陽気の文化の日。
観察の森では、あんな工夫やこんな工夫が面白い、身近な植物の観察会を行いました。
今の時期、わずかに咲いている花を探すのもいいのですが、それより何より目に付くのは
“種”です。一見、地味で魅力に欠ける印象ですが、これがまた奥深い!
今回は参加者5名と少なめでしたが、皆様にどっぷりと“種ワールド”にはまってもらいました。

種の基礎知識のレクチャーを受け、まずは原っぱでピシピシとはじける種を観察。
植物の一瞬の動きに人間の目はまったくついていけませんでした・・・。
続いてスギ林の中ではくっつく種特集。
針状の突起や粘液、フック状の毛、などなどあらゆる方法で種はくっつきます。
その後も、鳥の大好きな真っ赤な実や、ひらひら飛ぶ種・・・などなど次から次へと
種三昧!オオオナモミ、オオバコと、身近なくっつく種の知られざるビックリ!を紹介して
最後のまとめとなりました。
これだけたくさんの種類のタネを見られて、皆さん、改めて里山の自然の豊かさ
に気づいていただけたでしょうか・・・。
061103gt_gen_1
ゲンノショウコがはじけた!


|

« もう寒くなるよ・・・:若レンジャー | トップページ | ジャパンバードフェスタ1日目:若レンジャー »