« 第3日曜日バードウォッチング:若レンジャー | トップページ | ガイドツアー「とっておきツアー・ドングリプランターを作ろう」:若レンジャー »

2006年11月21日

落葉かき第1弾:渡辺C

いよいよ落葉かきの始まりです。
落葉かきは、その名の通りただひたすら落葉をかき集め、積んでいく作業です。
簡単に見えますが、里山の重要な手入れであり、とても体力がいる作業でもあります。

この日は、森のサポーターさんたちと石神園長をはじめレンジャーも一緒に、
「コジュケイの林」の落葉かきを行いました。
前日まで雨が降っていたため、落葉は湿って重くなっています。
参加者全員、汗だくになってがんばりました。
サポーターの皆さん、お疲れ様でした。

なぜ、落葉かきをするのでしょうか?
堆肥を作ることが、本来の目的でした。
落葉かきを行った結果、地表に日が当たり、地中で眠っていた種が目を覚まし、
来年の春には、いろいろな花が咲きます。
また、この落葉にはカブトムシなどのたくさんの虫が育っていきます。
里山は、落葉かきをはじめとして、1年を通して人が手入れをしていくことで、
多様な生きものを守り育てていくのです。

森では、12月より森林育成ボランティアを募集いたします。
まずは、12月5日(火)、コジュケイの林の落葉かきを再び行います。
詳しい内容については、牛久自然観察の森までお問い合わせ下さい。
レンジャーと一緒に、森を育てていきましょう。
ご応募お待ちしています。

|

« 第3日曜日バードウォッチング:若レンジャー | トップページ | ガイドツアー「とっておきツアー・ドングリプランターを作ろう」:若レンジャー »