« ガイドツアー『くっつくタネのゆくえ』:上野レンジャー | トップページ | 里山交流祭の秘密1:若レンジャー »

2006年10月 3日

不思議なデザイン:若レンジャー

森の中には生活している生き物ごとに、面白い事がたくさんあります。
それは餌の取り方だったり、空の飛び方だったり、子孫の増やし方だったりそれこそ千差万別ありますが、今回は面白いデザインの物を見つけたので紹介します。
061003gennosyouko01
以前にあっちゃんレンジャーからも紹介された「ゲンノショウコ」です。
夕方に写真を撮ったので花びらが散っちゃってますね。

ゲンノショウコとは漢字で書くと「現の証拠」と書くぐらい、本当に下痢などに良く効く薬になる薬草だそうです。
この小さな花が、種をつけました。
061003gennosyouko02
こんな種です。真ん中に太い軸があって、付け根に少し見える丸い部分の中に種が包まれています。
なにか遠くの電波を集めているアンテナにも見えてきますね。
でも、ここからが凄い!なんとこの軸が・・・


061003gennosyouko03
ぴょんとはじけて両手を広げたようになります。
この「ぴょん」で種を遠くまで飛ばすんですね。
でも、この形かわいいですねぇ〜。


人間の作る物でもそうですが、使いやすい物、機能的な物は見た目もバランスが良い物が多いです。
例えば、F-1カーや、飛行機もすごく洗練されていてカッコいいですね!
ゲンノショウコもこんな面白い種の飛ばし方をするのに、その姿は無駄の無いとても奇麗な形をしています。
花や生き物を観察する時に一目みたときの美しさも楽しいですが、「バランス」という感覚からもう一度見てみると生き物たちの違う一面を見る事ができると思います。

秋と言えば芸術の秋、森の自然が生み出す色々な芸術にも目を向けてみてください。

|

« ガイドツアー『くっつくタネのゆくえ』:上野レンジャー | トップページ | 里山交流祭の秘密1:若レンジャー »